1カ月にわずか3回だけ走る黄色い新幹線の正体とは?実は“正式名称”も存在した | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

1カ月にわずか3回だけ走る黄色い新幹線の正体とは?実は“正式名称”も存在した

新幹線は再び世界最速に返り咲けるか?

新幹線

 海外の高速鉄道のなかでも、フランスのTGVを知っている人は多いだろう。2007年に、走行実験で時速574.8キロメートルという驚異のスピードを出して世間を驚かせたが、さすがにこの速さでは、列車内で立っているのも困難だったようだ。TGVは営業運転においても、時速320キロメートルと世界最速を誇る。だが、1981年までは世界最速鉄道の代名詞といえば日本の新幹線だった。

 新幹線は、1964年の開業時には時速200キロメートル、翌年には210キロメートルで東京~新大阪を3時間10分で結んだ。以来17年間、新幹線は世界一速い鉄道として走り続けたのである。時速200キロメートルを超えた鉄道・新幹線の登場は当時、世界に衝撃を与えたが、鉄道先進国だったヨーロッパも負けてはいなかった。

 1981年、TGVは時速260キロメートル運転を開始して、新幹線を追い抜き世界一の速さに躍り出るや、1989年にはとうとう時速300キロメートルの大台を突破した。もちろん日本のスピード化も負けてはいない。1992年に時速270キロメートルを出す「のぞみ」が登場し、1997年にはJR西日本の500系が時速300キロメートルの運転を開始した

アジアにも広がる列車のスピードアップ

 そして、2013年3月16日から、日本もついに東北新幹線のE5系「はやぶさ」が営業運転の速度をTGVと同じ320キロメートルに上げた。また、2014年3月のダイヤ改正で秋田新幹線のE6系「こまち」も最高速度を320キロメートルに引き上げられた

 日本は再び、ヨーロッパと肩を並べることになったわけだが、今やライバルはTGVだけではない。新幹線とTGVのスピード競争に触発されたのか、列車のスピードアップはほかのヨーロッパ諸国やアジアにも広がっている。

 たとえば、ドイツのICEも時速320キロメートル台で営業運転を行なっている。また、新幹線のように車輪でレールを走る方式の軌道式鉄道とは異なるものの、世界初の営業用浮上式リニアモーターカーである中国・上海のトランスピッドは、約30キロメートルの短い区間ながら最高速度430キロメートルでの営業運転を実施している

最新版 新幹線に乗るのがおもしろくなる本

最新版 新幹線に乗るのがおもしろくなる本

あらゆる英知を結集させた世界最高傑作の電車のひとつである新幹線。この本では、そんな新幹線にまつわる素朴な疑問を解決いたします!

ハッシュタグ

おすすめ記事