bizSPA!フレッシュ

会社を辞めずに起業するには?「5万円で週末の時間」にスタートする方法

キャリア

「このままこの会社に一生勤めるのか?」「自分の本当にやりたいことは?」

副業

※画像はイメージです(以下同じ)

 なんて考えたこともあるけれど、独立して起業したり、フリーランスとして働いたりするのはちょっとまだ勇気がない。そんな人におすすめなのが「週末起業」。

 前回は、自分がビジネスを始めるとしたらどんな視点でどうやってスタートすればいいのかをテイクアウトスムージーを販売するビジネスを例に紹介しました。今回もそれをベースに紹介します。

週末起業の最初の合格ラインはいくら?

 ビジネスの内容が決まって、ターゲットや場所などある程度の方向が固まったら、自分の決めた方向が間違っていないか、テスト検証をしてみましょう。

 テストをして、そのビジネスが週末企業に適しているかどうか、いわゆる合格ラインを見極めるのです。

 では、合格ラインをどうやって設定するのか? それはやはり売上です。いくら自分がやりたくても、やればやるほど赤字では事業としては成立しませんよね。

 そこで、週末起業で目指すべき最初の合格ラインは、「かかったコストと同額以上売上があったか?」を指標にするといいでしょう。

スムージー販売で合格になる売上は?

 まず、週末起業は「なるべく初期投資をせずに手弁当でできる範囲から始めること」を鉄則としました。前回、例として挙げたスムージー販売の場合、決定したことは以下の3点です。

商品:栄養バランスが取れたスムージー
場所:都内のシェアスペースなどレンタルスペース(1日単位で借りること!)
集客:SNSで宣伝したり、簡単なチラシを作成して街中で配る

 スムージーなら、大きな調理器具も必要としないので、軒先のような小さいスペースがあれば、販売できることから、テナント代もあまりかかりません。

 スムージーの材料費とレンタルスペース代、チラシ代など、いくつかを換算してみても、コストのトータルは5万円あれば足りるでしょう。

 スムージーは一杯500円で販売するとして、夕方までに100杯を達成したとします。そうなると売上金額は、

500円/杯 × 100杯 = 5万円

 となり、コストと売上がトントンになります。しかし、自分の利益はゼロです。さぁ、この状態をあなたならどう判断しますか?

ハッシュタグ