ドンキの規格外な「ド褒美レシピ」が衝撃!話を聞いて自分も作ってみた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ドンキの規格外な「ド褒美レシピ」が衝撃!話を聞いて自分も作ってみた

 疲れた自分に、派手なご褒美を。みなさん、コロナ疲れや在宅疲れをためていませんか? 忙しい毎日、たまにはハメを外して、頑張る自分のためにご褒美を与えてあげることも必要です。好きなものを買う、贅沢な食事を楽しむのもよし。

image3

スーパーマーケットとして急成長を続けるドン・キホーテ(写真は、MEGAドンキ渋谷本店)

 そんなことを考えていると、先日ドン・キホーテのサイトでスゴいモノを発見してしまいました。

「ド褒美レシピ」のビジュアルがスゴい!

image2

ドン・キホーテのド褒美レシピ。こんなものがどーんと出てきたら絶対うれしいですよね

 その名は、「ド褒美レシピ」。1kgチーズのとろ~りラザニア、真っ赤なカルボのバラジェニックピザ、くんさきの無限アゲアゲ揚げ……。メニューは全6品で、ドン・キホーテのPB(ピープルブランド)商品である情熱価格を活用した“映え料理”。

 なんだこれは!? 作ることを想像する前に、度肝を抜くビジュアルとボリューム感に、心をつかまれてしまったのです。これは笑うしかないし、確かに元気が出そうです。そこで今回は、ド褒美レシピ誕生のきっかけやねらいについて、ドン・キホーテの広報担当者に話を聞いてみました

 さらに本質を理解した上で、勝手に“ド褒美風メニュー”を考案。料理初心者でも現実的に作りやすく、ひとり暮らしでも余らない「ド褒美風焼肉どんぶり」をご紹介をしたいと思います。

とにかく目を引きたかった

 まずはじめに、このド褒美レシピ誕生のきっかけについて、ドン・キホーテを運営する株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス・PBマーケティングチームの小出まどかさんに話を聞きました。

 見るだけでドン・キホーテらしいなと瞬時に思いましたが、このド褒美レシピはどのようにして生まれたのでしょうか?

「誕生の一番のきっかけは、『情熱価格商品をもっとお客様に知ってもらいたい!』という思いからでした。ど熟考と議論を重ね、『目を引くこと』『興味を持ってもらうこと』を軸に、ビジュアルを重視した、ご褒美のようなレシピを作ろう!という結論に至りました。また、『ご褒美』と情熱価格のアイコンである、『ド』をかけた『ド褒美』というワードを採用しています」(以下、小出さん)

 店内に足を運ぶと、この「ド」のマークが店内で続々増えているような印象を受けます。それもそのはず、2009年に誕生したドンキのPBブランド「情熱価格」はこれまで4700点以上を展開、売り上げはここ3年で2倍に成長しています。

おすすめ記事