トレーニング中も「炭水化物OK」。人気YouTuberが教える、続けられるダイエット | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

トレーニング中も「炭水化物OK」。人気YouTuberが教える、続けられるダイエット

 たった1年で彫刻のような肉体美を手に入れ、SNSで大きな話題になったYouTuberのなーすけ氏@Naasuke_fit)。

中年でも愛されボディをつくる

なーすけ氏

 2月27日には『モチベが上がる なーすけ流筋トレ』が発売された彼に、ダイエット中でも食べていい食事、そしてカッコいい体をつくる効果的な筋トレを聞いた。

脂質を抜く「ローファットダイエット」

 ハイ、こんにちは、なーすけです! ダイエットにはいろいろな方法や考え方があって、人によって合う合わないもありますが、僕が実践しているのは脂質を抜く「ローファットダイエット」。例えば唐揚げ、ハンバーグ、ウインナー、ベーコン、ドーナツやショートケーキなどは“悪い脂”で、太る原因にもなるので、極力食べないようにしています。

 一食あたりの脂質は10g以下しか摂らないように心がけていますが、一般的な成人男性なら「PFC(たんぱく質、脂質、炭水化物)バランス」で脂質を20%に抑えれば太りづらく、40~50gが目安になります。

 炭水化物はエネルギー源として必要で、血糖値が上がると太りやすくなってしまうので、炭水化物のなかでも、血糖値が上がりにくい食物繊維の多い食べ物がオススメです。例えば、そばやパスタは血糖値が上がりにくいので、ダイエット中でも我慢しすぎる必要はありません。ただし、パスタに和えるソースは、油や脂質が少ないものにしてくださいね。

トレーニング中は「炭水化物NG」ではない

 僕の体を見た人は「さぞかしストイックな食生活を送っているんだろう」と思うかもしれませんが、時々、爆食いをしています(笑)。ハンバーガーやラーメン、ドーナツなど、ダイエットには厳禁なハイカロリーなものを食べたいだけ食べることも。

 でも、PFCバランスで炭水化物が40%に収まっているなら、白米もピザも食べていいと考えています。ストレス発散にもなりますからね。特に減量明けに食べるハンバーガーのおいしさといったら! 時には思う存分好物を食べることで、「減量期も頑張るぞ」と思えます。

 トレーニング中は「炭水化物NG」と思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。僕は卵かけご飯が大好物です(笑)。たんぱく質がしっかり摂れる卵に、血糖値が上がりにくいタイ米の一種であるジャスミン米に、めんつゆや鶏ガラスープ、ふりかけで味付けするのが定番です。

=====
● 卵かけご飯
 炭水化物はPFCバランスで40%以内であればご飯も食べてOK。たんぱく質がしっかり摂れる卵に、めんつゆや鶏ガラスープ、ふりかけで味付けする卵かけご飯は大好物。ご飯は、血糖値が上がりにくいタイ米の一種であるジャスミン米にすればなおよし!

中年でも愛されボディをつくる

エネルギー:309kcal
たんぱく質:10.3g
脂質:5.6g
炭水化物:56.3g
糖質:54.0g
食物繊維:2.3g
=====

モチベが上がる なーすけ流筋トレ

モチベが上がる なーすけ流筋トレ

YouTubeチャンネル登録者数47万人以上!プライベートフォトも満載&書籍限定の映像付き。トレーニング、食事、1日ルーティンなど、誰もがモチベーションを維持してできるメソッドを紹介!

おすすめ記事