「殺されるかも…」2世信者の女性が苦しんだ“婚前恋愛は堕落”という呪縛 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「殺されるかも…」2世信者の女性が苦しんだ“婚前恋愛は堕落”という呪縛

 特定の宗教を信仰している親の元で育った子ども、あるいは親と同様の宗教を信仰している子どものことを指す「宗教2世」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

宗教

画像はイメージです(以下同じ)

 特定非営利活動法人「結婚相談NPO」では、非正規雇用者のサポートや障がい者の婚活、そして宗教2世、3世の婚活支援をスタートさせている。本インタビューでは2回にわけてその活動内容や、宗教の2世信者が陥る結婚の課題については探っていく。

 前編では自身も宗教2世として育ち、現在は宗教2世の方々の婚活に寄り添う結婚相談NPO「ブライダルサポーター」スタッフ・佐藤さんに詳しく話を聞いた。

“お兄さん”、“お姉さん”に育てられる

 一口に「宗教2世」と言ってもさまざまなケースがあるが、佐藤さんの場合は両親がとある宗教を篤く信仰しており、その子どもである佐藤さんも同じように信仰していたパターンだ。また両親は宗教の中でも幹部を務めていて信者に教育する立場だったそう。

 海外に伝道に行くことも多かった両親とは幼少期の会話も少なく、その代わりに両親の教え子であり、“お兄さん”、“お姉さん”と呼んでいた宗教1世の方々が家で面倒を見てくれるなど、一般家庭とはかなり異なる環境で育った。

「1世のお兄さんとお姉さんは20代という若さで、住み込みで私たち4人を育ててくれました。大人になってみると改めてその信仰心の凄さを感じます。彼らは育ての親のような存在であり、大人になった今でも繋がりがあります。でも、親は家にあまりいないだけでなく、話しかけても『忙しいから』と遮断されていたので、とても寂しかったです」

「神の子が生まれた」ともてはやされた

佐藤さん

宗教2世の方々の婚活に寄り添う結婚相談NPO「ブライダルサポーター」スタッフの佐藤さん

「親とはまともに会話さえできないので、寂しすぎて1人で泣くことも多かったです。『信仰すれば素敵な家族を持つことができる』という理想家庭を掲げる宗教だっただけに、『一生懸命信仰しているのに、なぜこんなにツラいのか』と思っていました」

 特に佐藤さんの周囲では2世がまだあまりいなかったこともあり、その存在が貴重だった。周囲の1世の人たちからもずっと「神の子が生まれた」ともてはやされていた。しかし、実際には周囲が羨むような家ではないと感じ、理想と現実のギャップに悩んでいたという

ハッシュタグ

おすすめ記事