「ワクチン接種証明」をアプリで発行してみた。読み取りできないのは何が原因か | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「ワクチン接種証明」をアプリで発行してみた。読み取りできないのは何が原因か

ガジェット

 2021年12月20日にデジタル庁から公式にリリースされた「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」。リリース直後から話題になっているが、実際にダウンロードして活用している人はまだ少ないだろう。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

画像はApp Storeより

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 このアプリでは日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書を取得することができ、接種証明書はいつでも表示ができる。

 今回の記事ではiPhone「App Store」上のインストール方法、使い方、注意点などを、筆者が実際に試してみた結果を紹介したい(※動作環境には、iOS 13.7以上、Android 8.0以上、なおかつマイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末が必要になるのでご注意を)。

国内用と海外用のどちらかが選べる

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

 App Storeから「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」で検索。デジタル庁がデベロッパーとなっているものを見つけて、ダウンロードする。

 アプリでは日本国内用、海外用の新型コロナワクチン接種証明書をそれぞれ発行できる。日本国内用の証明書の発行にはマイナンバーカードとマイナンバーの暗証番号海外用の証明書の発行にはさらにパスポートが必要だ。アプリに従って、「接種証明書を発行する」ボタンを押し、日本国内用と海外用、どちらの証明書が必要か選ぶ。今回は「日本国内用」接種証明書の発行を選択。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

 ちなみに下記のケースでは、アプリから証明書を発行することができない。ワクチン接種時に住んでいた自治体で直接手続きを行おう

・マイナンバーカードに旧姓併記がある。
・パスポートに旧姓・別姓・別名併記がある。
・パスポートとマイナンバーカードの氏名表記が異なる。

マイナンバーカードを読み込む

 マイナンバーカード受け取り時に設定した4桁の数字を入力。暗証番号を忘れたり、間違えすぎてロックがかかったりした場合は、自治体での再設定が必要になるので注意を。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

 さらに次の画面で、マイナンバーカードの上に指示通りiPhoneを置き、読み取りを行う。筆者の読み取りは1秒ほどで終わった

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

おすすめ記事