ボルボ初の電気自動車が日本登場「月1〜2回の充電でいい。スマホより楽」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ボルボ初の電気自動車が日本登場「月1〜2回の充電でいい。スマホより楽」

ビジネス

 2020年10月に「2050年カーボンニュートラル宣言」を発表した日本政府は、脱炭素化に向けた取り組みを進めている。その重点対策のひとつとして掲げられているのが「ゼロカーボン・ドライブ」だ

 再エネ電力と電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池自動車(FCV)を活用することで、移動時の脱炭素化を目指す。日本全体が、車の「電動化」に舵を切っている。

ボルボ

ボルボ初の電気自動車専用モデル「C40 Recharge」

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 そんな状況下、日本に新たな電気自動車(EV)が登場した。高級外車で知られるボルボの「C40 Recharge(C40)」だ。ボルボ初の電気自動車専用モデルで、日本初導入でもある。ユーザーの利便性を考慮し、オンラインのみの販売となっているのも話題だ。価格は719万円。

2030年までに電気自動車を構成比100%に

「我々は、プレミアムEV市場で先導的なポジションを取っていくことを目指しています」

 そう話すのは、ボルボの日本法人、ボルボ・カー・ジャパンの代表取締役社長マーティン・パーソン氏。ボルボは現在、電気自動車モデルの展開に注力している。全世界で販売するボルボ車の電気自動車構成比率を、2025年までに50%、2030年までには100%にするという目標を掲げている。

 日本国内では、2025年までにEV販売比率35%、EV販売数は約9,000台が目標値だ。C40は、ボルボが日本市場で拡販を行う上での“布石”となる。

1回のフル充電で約485kmの走行が可能

ボルボ

車内のインテリアに使用されたカーペット素材は、100%リサイクル素材を使用

 C40は、前輪と後輪にひとつずつ電気モーターを搭載。最高出力300kW、最大トルク660Nmとなっている。駆動用リチウムイオンバッテリーの総電力量は78kWh で、1回のフル充電で走行できる距離は約485キロ。150kWの急速充電器を利用すれば、約40分でゼロから80%まで充電できる

「日本のドライバーの月間平均走行距離が500~600キロというのを考えれば、月に1~2回チャージすればいいだけ。iPhoneのように毎晩充電しないといけないわけではありません。慣れてくれば、思うほど大変なことではないと思います」(マーティン氏、以下同)

おすすめ記事