50周年のラーメン「天下一品」。こってり誕生秘話と、意外な「あっさり注文率」を聞いた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

50周年のラーメン「天下一品」。こってり誕生秘話と、意外な「あっさり注文率」を聞いた

ビジネス

 昼食に夜食、飲み会のシメなど日本人にとって愛すべき国民食・ラーメン。嫌いな人は存在しないのではないかというくらい、みんな大好きだ。

天下一品

天下一品中野店外観

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 強烈なインパクトの「こってりラーメン」で知られる人気ラーメンチェーン・天下一品が、2021年11月10日に50周年を迎えた。今回は天下一品中野店(東京中野区)にて、株式会社天一食品商事の常務取締役・出路(でじ)正弘氏にこれまでの苦労した点などを取材した。

50周年コラボスニーカーは10分で完売

天下一品

株式会社天一食品商事常務取締役・出路正弘氏

 天下一品は50周年を記念して、1杯無料券を配布するなどのイベントも行なったが、なんといってもコラボスニーカーはSNSでも話題となった。

「11月10日が天下一品の創立記念日で、その日の午前0時から170足ほど用意していたのですが、販売から10分も経たずに売り切れてしまいました」

 そう語る出路氏に、ラーメンとスニーカーという異色のコラボの経緯を聞いた。

50周年記念日のイベントのために、2020年の11月から1年かけて準備していたんです。しかし、コロナが広まってしまい、イベントが規制されるなかで何かできることはないかと、各企業様に一緒に取り組みをしませんか? と投げかけていました」

“鶏つながり”で面白いとふたつ返事

天下一品

デサントジャパンとのコラボスニーカー。中野店には若い夫婦が実際に履いて、ラーメンを食べに来てくれたようだ

 そんな折、デサントジャパンからスポーツブランド「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」のことで問い合わせがあったのは、2020年11月のことだった。

「同ブランドのLCS Rシリーズが30周年を迎えるということで、担当者さんと話して、コラボスニーカーを作りたいと具体的な提案がありました。そして“鶏つながり”で面白いということになり、ふたつ返事でやりましょうとなったのです」

 そうして完成したスニーカーは、赤がどんぶり、ベージュがスープ、茶色がチャーシュー、黄土色がメンマ、緑がねぎ、靴紐は麺を表している。天下一品では現在もTOKYO SHIRTSとコラボして、15種類のネクタイなどのグッズも販売。これからもさまざまなコラボを予定しているという。

天下一品

後ろはルコックスポルティフを象徴する雄鶏が鶏がらになっている

 また、コロナ禍でも家で作って食べられる“家麺”も販売。そして天下一品から初の“カップラーメン”や“鍋スープ”も販売するなど、家でもお店の味が楽しめる試みを行っている。

おすすめ記事