飲めるケーキ?1日400個売れる「ショートケーキ缶」開発者が苦労した点 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

飲めるケーキ?1日400個売れる「ショートケーキ缶」開発者が苦労した点

ビジネス

当初は1日に2個しか売れなかった

ケーキ缶

「Risotteria®️GAKU渋谷」の看板

 今でこそ口コミで爆発的に広がったショートケーキ缶ですが、発売してから宣伝はしていたものの、なかなか伸び悩んでいたと小笠原氏は語ります。

「オープンしてからショートケーキ缶はなかなか売れませんでした。当然、その日に仕込んだ分、売れないと破棄になってしまうので、スタッフで持ち帰るなどの日が続きました」

 しかし、あるWebサイトが取り上げたことから、徐々に知名度が上がってきたそうです。

「売れない日々が続いたとき、オーナーから『Twitterでバズってきたので準備して』と連絡がありました。ショートケーキ缶がここまで人気が出るとは思わなかったのですが、商品に自信があったので、売れなくてもゆくゆくは商品をネット販売してニーズを高めようと考えていました」

SNSでの拡散のスピードがすごかった

 Twitterでバズりだした頃、報道番組からも取材されるようになったようです。

「今の時代はSNSの普及がすごいので、拡散のスピードが凄まじいです。今はショートケーキ缶の供給が追いついていない状態ですね。また、最近YouTuberのヒカキンさんが動画にアップしてくれたのは嬉しかったです」

 また、ショートケーキ缶はお店でも食べられますが、テイクアウトで売り切れてしまうようで「10時から開店ですが、12時にはもう完売してしまうので、お店ではなかなか食べられないかもしれません。お店は3階にあるのですが、一時期は1階の外まで並んでいることもありました」と言います。

おすすめ記事