ユニクロのプリントTシャツ「ダサくならない着こなし」をプロが解説 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ユニクロのプリントTシャツ「ダサくならない着こなし」をプロが解説

 数多くのTシャツを取り扱うユニクロにおいて、今やスタンダードとなった「UT」。世界中のアーティストやクリエイターのデザインを、ユニクロの企画力・編集力でTシャツに落とし込んだラインナップです。

UT

画像はユニクロ公式サイトより(以下同じ)

 そこで今回は、のべ4650人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者が「ユニクロのプリントTシャツをうまく私服で着こなすコツ」をお届けします。

まず「コーデの方針」を考える

 アンディ・ウォーホル、ジャン=ミシェル・バスキア、キース・ヘリングといったポップアートの巨匠の作品がプリントされたTシャツを1着1500円程度で買えるコンセプトは素晴らしいと思います。しかしその反面、主張が強いプリントTシャツは、日常使いのコーディネートが難しいと感じられるのではないでしょうか。

 Tシャツをコーデするとき、真っ先に考えるべきなのは「コーデの方針」です。特にカラフルなUTを選ぶ場合は、重ね着より1枚コーデが良いでしょう。というのも、カラフルなカジュアルTシャツは、羽織るアウター次第で、途端に子供っぽい印象に陥るからです

カラフルなデザインには「ショートパンツ」

UT

国立新美術館 佐藤可士和展 UT グラフィックTシャツ アンディ・ウォーホル(半袖・レギュラーフィット)

 パープルや赤色などカラフルなデザインのTシャツは着こなしも難しいです。10代ならば爽やかに見える着こなしも、20代を超えた大人たちがやるにはリスキー。

 そこでカーディガンや薄手のパーカーなど「サマーアウター」を羽織るという選択肢をあえて外します。そして、私のおすすめは、ベーシックなチノパンやジーンズではなく、「ショートパンツ」を合わせることです。

 Tシャツ地の色と同系色のショートパンツを合わせてみましょう
たとえば、このTシャツのようなライトパープルの地の色の場合、濃いピンクから赤み掛かったパープル系ショートパンツを合わせましょう。フルレングスのカラーパンツに比べ、ショートパンツはカラーの面積が減るため、きっと合わせやすいはずです。

12

おすすめ記事