悩みがちな「ユニクロ 無地白Tシャツ」3種を比較。やはり定番は強かった | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

悩みがちな「ユニクロ 無地白Tシャツ」3種を比較。やはり定番は強かった

 例えばユニクロでも様々なタイプが用意されている「無地白のTシャツ」。どうしても選ぶ基準が曖昧になりがちですが、買うべき1着は着こなしで変わることはあまり知られていません。素材表記や手触りが分かっても、コーディネートを試着の段階でイメージすることが難しいのではないでしょうか。

ユニクロ Tシャツ

今回購入した3種類のTシャツ

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 そこで今回は、のべ4650人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者の森井良行がベーシックなユニクロTシャツの中から異なる3種類を選び、比較してみました。

「王道の白T」は守備範囲が広い!

ユニクロ Tシャツ

定番の「クルーネックT」(筆者近影、以下同じ)

 無地白Tといえば、1枚でシンプルに着こなすスタイルが定番ですよね。そうなるとユニクロUの「クルーネックT」(990円、税込み・以下同じ)が真っ先に候補として浮上します。

 990円とは思えない、しっかりした地厚な生地で織られたこのTシャツは、例え1枚でも乳首透けの心配がありません。また同時に、薄手のパーカーやカーディガンなどのサマーアウターの守備範囲も広いのです。というのも、ジャストサイズの型紙を採用しているため、重ね着の際、二の腕が上着のアームホールに詰まることはありません。

 これごオーバーサイズだと、ジャストサイズのサマーアウターで「腕が窮屈に見える」ケースが散見されます。そういう意味で迷ったら、ユニクロUのクルーネックTがあれば1番安心ですね。

クリーンな印象をつくる!「今ドキの白T」

ユニクロ Tシャツ

最近の流行りを抑えるなら「エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ」

 好みが分かれるかもしれませんが、オーバーサイズが今ドキのシルエットであることは間違いありません。なかでもユニクロUの「エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ」(1500円)は「清潔感」という意味で秀逸な1着です。

 白Tシャツの天敵は、「清潔感を損なうシワ」だと私は見ています。プレーンなアイテムだからこそシワは悪目立ちしてしまいます。しかし、このTシャツを洗濯した後に思わず驚きました。天然繊維100%のTシャツに比べて、なんと全然シワが目立ちません!

 裏側にエアリズムの繊維を採用しているため、快適な着心地。そして、シワがつきづらいため清潔感あるクリーンな印象を演出してくれます。注意点は先に述べたようにジャストサイズのサマーアウターを合わせないことくらいでしょうか。

12

おすすめ記事