bizSPA!フレッシュ

“霊感が強い”彼氏を部屋に招いた26歳女性の災難「彼がいきなり大声で…」

コラム

 どこの街に住むか、どんな間取りで、家具は何を揃えるかなど、初めての一人暮らしはワクワクするもの。しかし、せっかく条件の良い物件に住んだとしても、本人の意図とは裏腹な出来事も起こってしまうようで……

窓 女性

画像はイメージです(以下同じ)

 今から3年前、吉川裕美さん(仮名・26歳)は住みたい街ランキングでは必ず上位に入る、ある街で新生活を始めました。

住みたい街ランキング上位の街で一人暮らし開始

「当時は、実家暮らしのフリーターだったので、特に一人暮らしをする理由もありませんでした。でも、職場は都内で埼玉まで帰るのはしんどいし、飲み会の時に終電を気にしながら帰る生活に嫌気がさしてしまったんです。なので、実家を出るために必死で引っ越し資金の100万円を貯めました

 ロフトのある生活に憧れがあり、必須条件としてロフト付きの部屋を探してもらった裕美さん。4軒ほど紹介してもらい、幸いにもその中の1軒に一目惚れする物件があったそうです。

「築3年で、駅から近く、風呂トイレ別でした。家賃は7万4000円とちょっと予算オーバーでしたが、内見してすぐに『ここだ!』と思ったんです。もちろん窓付きで広めのロフトもついていました」

 勢いそのままに仮押さえしてもらい、3日後には契約完了。物件探しはタイミングと縁が大切ですから、多少急ぐのも決して悪いことではないはずです。

理想の物件に出会い即契約

引越し

「インテリアにはこだわりたかったから徐々に揃えていこうと思い、カーテンと寝具とテレビだけを買って引っ越しました。当初はかなり殺風景な部屋でした(笑)」

 通勤は便利になり、家族に干渉されない生活も居心地が良かったようです。そして、ちょうど同じ時期に職場の上司と恋愛関係になり、付き合って1か月が経ったころ、「裕美さんの部屋に遊びに行きたい」と言われます。

「家具がなかなか揃わなくて、人を招き入れるには抵抗があったんですが、断りきれず、観念して次の休みに彼を誘いました」

 裕美さんは部屋中をピカピカに掃除して、手料理を作ってみることに。しかし、せっかくのおもてなしにもかかわらず、部屋に入った瞬間から彼の様子はおかしかったそうです

12

ハッシュタグ

おすすめ記事