資産2.5億円のサラリーマン投資家が注目「10倍高が狙える株・10銘柄」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

資産2.5億円のサラリーマン投資家が注目「10倍高が狙える株・10銘柄」

マネー

 コロナ不況や相次ぐ増税による収入減に苦しんでいるサラリーマンも多い。これまで資産運用をしてこなかったのに「コロナで収入が減った分を投資で補いたい」と考えるケースも増えている。

 そんな今、好調な相場を背景に保有銘柄の10倍高達成を連発しているサラリーマン投資家がいる。その名は愛鷹@minobouz)。相場の果てより、この日経平均3万円時代に降臨した人物だ!

マネ得

写真はイメージです(以下、同じ)

テンバガー狙いの超分散投資

 4月に入って日経平均は再び3万円台を回復。NY市場に連れ高する格好で、底堅い展開が続いている。そんな上げ相場で着実に資産を増やしているサラリーマン投資家の一人が愛鷹氏だ。

「レバレッジはかけず、テンバガー(10倍高)するのを長期的に待つ。このやり方で資産は2億5000万円まで増えました」

 愛鷹氏の投資法は「テンバガー狙いの超分散投資」。絨毯爆撃するかのように、数多の大化け期待銘柄に資金を投じてきたという。

「2020年の1年間で19社がテンバガーとなり、通算では58社がテンバガーを達成しました。毎月の給料は生活費を除き、ほぼすべて株へ投資し、今のポートフォリオは800銘柄超になりました」

マネ得

長期にわたって1000~1800円のボックス相場にあることに注目して、1000円割れの水準では買い増し。株価下落時も急落しにくいクッション銘柄として長期保有する

 そこまで分散する理由とは?

「集中投資で失敗した経験があるためです。有望な銘柄は安値で買い増すこともありますが、目安は1銘柄20万円程度。最大でも50万円まで。これまで6000万円近くを投じて800銘柄に増やしましたが、まだ買いたい銘柄リストは100社残っています」

テンバガー候補はどう探す?

 1銘柄当たりの投資額は小さいため、損切りはほとんどしない。徹底して値上がりを待つのが愛鷹氏のスタイルだ

「10年かけてテンバガーになる銘柄もあります。2012年のアベノミクス直前に買った日進工具も今年に入って10倍に。小径エンドミルという切削工具のトップシェア企業で、独自の強みを持ち、基幹産業を裏で支える点に注目して買った銘柄でした」

 株を始めて2番目に買ったコシダカHD(「カラオケまねきねこ」の運営企業)がテンバガーとなってから9年連続でテンバガーを獲得してきた愛鷹氏。その候補はどう探すのだろうか。

まずは『5倍になる銘柄』を探すこと。5倍までは増収増益やテーマ化して火がつけば達成できますが、10倍になるかどうかは会社がどれだけ株価対策に注力するかにもよる。運の要素も強いので、数を打つしかない。そのために仕事が終わってから寝るまで見ているのが適時開示情報です」

おすすめ記事