バーでの「ハイボールのオーダー」がダサくならないコツ<20代ビジネスマンのためのバー入門> | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

バーでの「ハイボールのオーダー」がダサくならないコツ<20代ビジネスマンのためのバー入門>

ハイボール

初めての銘柄を試すお客さんには香りを嗅いでもらうこともあるとか

――スコッチやバーボンもウイスキーだったんですか! そこからすでに知りませんでした……。では、一般的なハイボールに使われるウイスキーはどれに当たるのでしょう?

細田:居酒屋さんなどでよく使われるのは、ブレンデッドウイスキーです。ブレンドされているので飲みやすい半面、産地の特徴は少し判りづらくなっています。国産でいえば、サントリーの「角瓶」「響」「ローヤル」などが有名ですね。一方、モルトウイスキー、特にひとつの蒸留所で瓶詰めされた「シングルモルト」は、産地の個性が色濃く出ることで知られています。「山崎」「白州」がこれに当たります。

 バーで違う銘柄に挑戦するときは、「いつも○○○を飲んでいるんですけど、それと似たものを」とか「○○○よりもう少しスモーキーなものを」などと注文するのがいいと思います。銘柄を知らなくても、そう頼むだけでバーに慣れている感じがしますし。

 あとはバーテンダーのチョイスにおまかせください(笑)。何種類か飲み比べてみると、それぞれの銘柄の立ち位置が見えてきますよ。

飲み比べでのときに困ったら……?

――通の人はシングルモルトを飲んでいるイメージですけど、クセが強いとも聞きますよね? もし好みじゃないものが来たらどうすればいいのでしょう?

細田:もしお口に合わないものが来てしまったら、「すみません。ちょっと好みに合わないです……」と言ってもらえれば、飲み終えなくても代えることはできます。ただ、たびたびだとお店の方もさすがに困ってしまうと思いますが。

 私は初めての銘柄を試される方には、選ぶときに実際にボトルのキャップを嗅いでもらったり、一口飲んだ様子を見て気に入っていない様子なら「お口に合いますか?」と聞いたりしています。特にスコッチの中でも、ラフロイグなどアイラ島のものは特にスモーキーでクセがあるので好みが分かれるところです。

――同じウイスキーでもそこまで差があるんですね。自分のお気に入りの1本を見つけるって楽しそう!

細田:うちでは、色んなウイスキーを試してみたいという方には、ハーフの量で提供させていただくこともあります。ロックのシングルでも何杯もとなると結構なアルコール度数になってしまいますから。

 また、ウイスキーにハマった女性を「色々試させてあげたいから」とお連れになる男性もいます。もし気になる女性がウイスキー好きならバーで一緒に好きな銘柄を探してみるのもいいかもしれませんね。

■ ■ ■ ■ ■

 今回は、ウイスキーの奥深さに気付かされました。ぜひハイボールをオーダーするときの参考にしてみてくださいね! さて、最後となる次回は「女性ウケするカクテル」について伺います。

<取材・文/阿形美子 撮影/市村円香>

【細田侑由】
バーテンダー。石川県出身。銀座「BAR 保志 IRIS」店長。第9回マリーブリザール・カクテルコンペティション(2016年度)、第29回N.B.A.ジュニア・バーテンダー・カクテル・コンペティション(2017年度)、ロン サカパ カクテルコンペティション2018 ファイナルにてそれぞれグランプリを受賞した実力派バーテンダー

BAR 保志 IRIS
住所/東京都中央区銀座6-3-7 2F
営業/月~金 19:00~翌3:00、土・日・祝 18:00~翌1:00
定休日/月曜日
予約・お問い合わせ/03-6280-6466

1994年生。大学卒業後、フリーの編集・ライターとして活動中。底抜けの飲んべえゆえ酒ネタが多いが、インタビューやモノ記事、カルチャーネタなどもカバーする。Twitter:@agata_yoshiko

12

おすすめ記事