約半数が「暇人化」するテレワーカーの残念な実態。デイトレ、転職活動etc. | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

約半数が「暇人化」するテレワーカーの残念な実態。デイトレ、転職活動etc.

ビジネス

 コロナ禍で定着したテレワークもはや1年。その影響で勤務中に時間の余裕ができ、自宅で悠々自適に過ごす人もいるという。彼らは仕事をせずに何をしているのか? 時間を持て余した在宅勤務の姿をのぞいてみよう

テレワーク暇人

写真はイメージです(以下同)

新しい働き方は暇人を生み出した!?

「実際の労働時間は2~3時間。半休と変わらない感覚です」(男性・29歳・商社営業)

 新型コロナの影響でテレワークが推進され1年が経過。テレワーク導入は通勤時間の削減など時間に余裕をもたらした。2020年11月にメディアブランズが実施した調査によると、週に3~4日テレワークを実施する約半数が、自由時間が増えたと実感しているという。なかには、時間を持て余す“テレワーク暇人”が紛れているようだ

テレワーク暇人

メディアブランズによるデジタルメディア調査から引用。15~74歳の男女2400人対象。2020年11月末実施

「時間があるので毎日昼食を作るようになり、料理の腕が上がりました」(男性・28歳・IT営業)

「コロナ禍で契約したネットフリックスを仕事中も見ています。一日に3~4時間も見て、『愛の不時着』は4日で見終わった」(女性・29歳・金融事務)

コロナ禍で新社会人になった人の心境

入社式 新入社員

「勤務中にサウナに出かけました。1セット終わるごとに一応、スマホをチェック。勤務中にサウナにいるという優越感がある」(男性・24歳・金融営業)

「暇な時間は仕事に役立つ本を読むようにしていた」(男性・51歳・電気企画)

 読書、動画観賞、筋トレ、ネットサーフィン、SNS、自炊、掃除など、余った時間を充実させている人が多数見受けられた。

 テレワーク暇人=サボり、というイメージを持たれるかもしれないが、コロナ禍で新社会人になった人の心境は複雑だ

「新卒で入社後、1か月だけ出社したが、その後はずっとテレワーク。仕事内容的にもテンプレートを作ってしまえば時間が余るので、ほとんど趣味のゲームをして過ごしています。入社3か月目で新しい仕事を教わると聞いていたのですが、1年間同じ業務をさせられ……。テレワークは気楽ですが、出社経験もほぼないし、社会人としてどうなんだろうと不安です」(男性・23歳・プログラマー)

おすすめ記事