bizSPA!フレッシュ

BBクリームだけで肌に変化が。美容のプロが勧める「印象アップのコツ」

 コロナ禍のリモートワークが定着したことで、画面越しでの会議や打ち合わせが増加。改めて劣化した自分を見つめる機会が増えたことで、肌の衰えを脅威に感じている人も多いだろう。20代の若いうちから、メンテナンスを怠ってはいけない時代が到来しているのだ。これを読んで、ぜひ”男の美肌”を目指してほしい!

スキンケア

※画像はイメージです

万能化粧品のBBクリームで手軽に肌の若返り

 お金と時間をかけて施術することに抵抗がある人は、より手軽にメンズメイクで印象を変えてみる方法もある。

「メンズメイクをしていて対面でバレると恥ずかしいけど、リモート会議ではほぼバレない。実際コロナ禍でメンズメイクをするようになった人は増えてるようです

 そう語るのは、ヘア&メイクアップアーティストの小椋ケンイチ氏、通称おぐねぇー。51歳には見えない若々しさを保つおぐねぇーの指導のもと、記者がマイナス5歳肌メイクを体験した。

「顔の大半は肌なので、きれいにすれば、かなり印象が変わります。シミやクマ、ニキビ、青ひげで色ムラができると老けて見えるので、ファンデーションやBBクリームで均一化すれば、マイナス5歳くらい簡単に実現できますよ」

マイナス5歳肌メイクを体験!

マイナス5歳肌

通称おぐねぇーことヘア&メイクアップアーティストの小椋ケンイチ氏

 特に男性にはスキンケア・下地・ファンデーションの機能を持つBBクリームがオススメだとか。

「ファンデーションよりカバー力は落ちるけど、BBクリームはせっけんで落とせるから楽だし、肌にも優しい。テカりやすい皮脂を抑える男性向けの商品も作られてます。マイナス10歳はファンデーション&コンシーラーが必要だけど、5歳ならBBクリームで十分

 化粧水と乳液でしっかり保湿をしてから、BBクリームを薄くのばすと、確かにベタつき感がなく、すっと肌になじむ軽さがあった。

「一番大事なのは色選びです。男性は肌が赤黒いから、白すぎると気持ち悪いし、クマやシミが浮かび上がってきちゃう。迷ったら、とにかく自分の肌よりワントーン濃い色を選べば間違いありません。肌の色が濃い人だったら、PHYTOGRAM(メイコー化粧品)のダークが使いやすいと思います」

 メイク開始からものの10分で完成。さらに眉をカットし、髪形を整えてもらうと、確かに5歳は若返ったような気がする!

12

おすすめ記事