2時間あいたらパッと3000円稼ぐ。アプリで探す“超短時間”バイトに挑戦 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

2時間あいたらパッと3000円稼ぐ。アプリで探す“超短時間”バイトに挑戦

マネー

 収まるどころか拡大の一途を辿るコロナ禍により、生活不安はますます加速、おまけに冬のボーナスは減り、明日への希望が持てぬままに迎えた年明け……。だがそんななか、月5万円でも利益を出す、まだまだ稼げる副収入を徹底調査!

副収入

マニュアルでは住人に怪しまれないよう挨拶を徹底するよう求められる。編集Aも装いには最大限注意を払った

超短時間バイト「エリクラ」とは

 雇用契約もなく、空き時間に働いて報酬を得られるスポットバイト系アプリ。その中でも異彩を放つのが、十数分から数十分の超短時間バイトを仲介する「エリクラ」だ。編集Aが、これに挑戦してみた。

 募集内容は居住物件の清掃と点検で、主に電球チェック(作業時間約10分・110円前後)、建物と敷地内清掃(作業時間約40分・500~3000円前後)など。アプリではグーグルマップ上に募集中の案件が表示され、編集Aの自宅から徒歩10分圏内に1870円と990円の清掃案件を発見。他に応募者もおらず即決となった。

副収入

交通費が出ないため徒歩圏内で行うのが鉄則。案件が近所に密集していれば一日でかなり稼げる

地域によって案件の量と単価に差アリ

 作業にあたっては箒と清掃用ウエットシート、ゴミ袋、軍手が必須だが、自宅にあるもので事足りる。

 そして手すり、郵便受け、階段など指定された箇所を清掃する様子を撮影し、使ったウエットシートと回収したゴミの画像とともに送信すると作業完了となる。目安の時間はそれぞれ43分とあったが、1件目は汚れがひどく100分以上かかってしまった。一方、次の案件は手入れが行き届いておりごく短時間で終了した

 トータル2時間強で稼いだのは2860円。ただし地域によって案件の量と単価に差があるため、暇なときに近所で高単価案件を狙えば、小遣い稼ぎには最適か……。

副収入

案件があれば空き時間にすぐ働けるが物件ごとの作業量に落差があり、住人に気を使うなど気苦労も少なくない

<取材・文/週刊SPA!編集部>

おすすめ記事