bizSPA!フレッシュ

アップルの新型Macはどこが凄い?「処理速度3倍」など驚きの進化も

ガジェット

 日本時間の11月11日深夜、Appleは「One more thing.」と題した映像を公開し、「Appleシリコン」製のCPUを搭載した3種の新型Macを発表した。公式サイトでの注文はすでに受付を開始しており、早ければ今月中に受け取れる。

apple1

※Apple公式サイトより(以下、同じ)

 Appleシリコンと新型Macに関しては、「bizSPA!」でも、

アップルで「脱インテル」加速か。Macの次期モデルを予測
新型MacBook、発表前に買うべきか?現行モデルAirとProを検証
次世代Macは年内発売? 現行モデルは“買いか、待ちか”をズバリ検証

 と、過去3回にわたり“未来予想図”を提示してきた。今回は新しいMacがどんな仕上がりになったのか見ていこう。

発表された商品は3種類

 11月11日の動画で発表された製品は、以下の3種類だ。ここに含まれないiMacやMac Proは、在来モデルの販売が継続することとなる。

・MacBook Air
・MacBook Pro
・Mac mini(デスクトップ)

 外観はどれも旧モデルと変わらないが、内部の構成は大きく変化した。

 すべてのモデルで、CPUやGPUといったパーツが統合され、「M1」という新型チップに変更されている。これにより、iPhoneやiPad向けに開発された各種アプリがMac上で動作するようになった(Mac版提供の有無は開発者の判断による)。従来のIntel製CPUがお役御免となった形だが、このM1チップは特によくできた設計で、後述するさまざまなメリットをMacにもたらしている。

「性能が3倍」の衝撃

apple4

 Appleの公称を信じる限りでは、各モデルの処理速度は旧モデルの3倍以上だという。一番安いMacBook Airでさえ、「市場で売られているノートパソコンの上位2%に入る性能」というのだから相当のものだ。春モデルと秋モデルで性能差が3倍というのは、コンピュータの世界でもほとんど前例がない。

 MacBook Airでは、新モデルよりCPUの冷却ファンが取り除かれた。電力性能に優れるM1チップの場合、パーツの発熱量が大きく抑えられるため、通風によって強制的に冷却しなくても大丈夫なのだ。したがって新型のMacBook Airは、iPhoneやiPadのように、完全に無音で動作する

 MacBook ProとMac miniの場合、冷却ファンはなくなっていない。Mac miniは発熱が問題となってユーザーを悩ませていたが、前述したようにM1チップの発熱量は少ないため、この問題は解決を見ることになる。

ハッシュタグ

おすすめ記事