bizSPA!フレッシュ

LINEが苦手な26歳男子に、無視して連投してくる女友達の本音

 手軽に連絡を取れるツールとして広まったLINEですが、なかには手軽だからこそLINEに苦手意識を持つ人もいます。今回は苦手だと伝えているにもかかわらず、無視してLINEを送り続ける女性に恐怖を感じた男性のエピソードをご紹介します。

スマホ

※イメージです

LINEが苦手…やり取りにストレス

 都内で販売系の仕事をしている小池博幸さん(仮名・26歳)は、昔からとあることが苦手で友人たちにもそれを伝えていました。それは、LINEでのやり取り。とくに、中身のない雑談を続けることや既読・未読を気にするやり取りにストレスを感じていました。

「そもそも気軽に連絡するっていうのが苦手なんですよね。電話も相手の都合を考えずにかけてくる人は苦手ですし。友人たちもそれを理解してくれていたので、必要最低限の連絡だけを送るようにしてくれていました」

LINE

 理解ある友人たちのおかげでムダなLINEを避けることができていた小池さんでしたが、最近になってそのうちの一人であるNさんという女性が、頻繁にLINEを送ってくるようになりました。

きちんと伝えているのに…

LINE

 ある程度長い付き合いの友人であるNさんは、もともと小池さんのLINE嫌いを知っているはずでした。しかし、小池さんは「LINEが苦手で、返事の必要がないものは返信しないこと」を改めて伝えました。しかし、Nさんは、それを気にする様子もなく、苦手な雑談を毎日のように送ってくるのです。

「今までそんなことをしてくるタイプではなかったので不思議でした。仕方ないので、返信できないことを了承してくれた上で送ってくるのだと信じて、必要がないものは既読無視をしていました。それがしばらく続いたら、今度は既読無視に怒るようになってきてしまって」

 急にLINEを強要するような態度を見せ始めたNさんに戸惑いと、若干の恐怖を感じ始めていた小池さん。そして、そのせいで今までよりもLINEに対する苦手意識が強くなってしまいました。

12

おすすめ記事