bizSPA!フレッシュ

Amazonアウトレットで何でも安く買う裏技。業務スーパーよりも安い

ガジェット

 基本的にAmazonは、「大安売り」をするためのプラットフォームではない。さまざまな商品が手軽に買えるのは便利だが、ドラッグストアや量販店、業務スーパーと比べると割高なことが多い。しかし、Amazonの商品を安く購入する方法はいくつかある。

amazon

画像はイメージです

 定期的に開催される「タイムセール」がそうだし、「マーケットプレイス」からバルク品(ロット売り製品をバラ売りしたもの)を買うこともできる。これらはともに有名で、多くのユーザーに常用されている。いっぽう、Amazon公式が行っているお得な「Amazonアウトレット」というサービスはあまり知られていない。今回はこれを紹介したい。

「アウトレット」の仕組みとは

 Amazonで中古品を販売しているのはマーケットプレイスが主だが、「Amazonアウトレット」では、Amazon本体が売り主になり、自社倉庫から直接発送する形態を取っている。したがって、正規ルートで製品を買うのと同様の安心感で買い物ができる。

 この「アウトレット」に並ぶのは、外装に傷や汚れなどがあるものの、機能には問題のない商品が中心となる。膨大な品数を扱っているAmazonでは、誤配達などを理由として返品されたり、倉庫内の事故で傷がついてしまう商品などが多数生じる。これを割引して販売しようというわけだ。

 本体の機能に問題がある場合には、通常と同じ手続きで返品することも可能。特に外装の状態を気にしないなら、おトクなサービスだといって間違いないだろう。

 PC用のハードディスクなど、中古を手に取る際に抵抗のある商品もあるが、アウトレットなら問題ないはず。あらかじめ商品の状態を確かめてから購入すべきなのはもちろんだが、「ほぼ新品」と書いてあれば大丈夫だろう。

アウトレット品だけを探すには

「Amazonアウトレット」と入力して検索することで、アウトレットのトップページを表示することができる。ここでカテゴリを選択すると、商品の一覧ページに移動できる。

amazon

「Amazonアウトレット」のトップページからは、アウトレット商品だけを探すことができる。検索も可能だ

 ただし、一覧ページで表示される金額は、Amazonアウトレットの価格と一致しないことが多い。ここでは、「マーケットプレイス」の中古品も含めた最低価格が表示されている(2020年7月時点)。この仕様は不便なので、修正を望みたいところだ。

 なお、アウトレットでPC・スマホなどのガジェットを買う際には、対象商品についてあらかじめ調べてから購入するほうがベターだろう。機種によっては「新品同様」のデッドストックがだぶついている場合もあり、Amazonが最安値とは限らないからだ。

amazon

一覧画面に表示される「1円」という価格はマーケットプレイスのものであり、アウトレット価格ではない。これは不便な仕様だ

おすすめ記事