自粛明けのジムで「効率良く鍛える」2つのポイント | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

自粛明けのジムで「効率良く鍛える」2つのポイント

スタティックトレーニングのコツ

② 関節をキープする

 筋出力を最大限にする2つ目のポイントはスタティックトレーニングの名前に由来にもなる、「キープ」です。目一杯力を入れて関節を曲げ切ったり伸ばし切ったら、それを維持しましょう。

 人間の筋肉は力を入れて45秒間で乳酸がたまり始めるという研究結果が出ています。理想は45秒間、最低でも30秒間はキープし続けて、筋線維がひとつでも多く作用するように刺激を入れ続けましょう。

 みなさんの筋肉はパワーだけでなく、力を入れる感覚を失っています。自粛前に頑張っていた筋力トレーニングで使っていた筋肉たちをひとつずつ呼び起こしてあげるようにスタティックトレーニングにチャレンジしてみてください。

<TEXT/柔道整復師・パーソナルトレーナー ヒラガコージ>

柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中。公式「Amebaブログ」更新中

12

おすすめ記事