bizSPA!フレッシュ

ワークマンの競合、デカトロンの「390円リュック」コーデ術。コツはアイテムの色

 高機能カジュアルウエア「ワークマンプラス」が競合と位置付けるフランスのスポーツブランド「デカトロン(DECATHLON)」。緊急事態宣言が明けた5月22日に日本2号店として、ついに関東上陸を果たしました(イオン幕張店1Fにオープン)。

デカトロン

デカトロン、待望の関東初出店だ

 前回、390円リュックなど衝撃的なアイテムを紹介しました。実際のところ、どうやって使いこなせば良いのでしょうか。

 今回は、のべ4600人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者が「デカトロンとユニクロを組み合わせたコーディネート」を、お伝えします。

 実践して感じたポイントは、リーズナブルなアイテムほど「全身の配色次第」で9割決まるということ。なかでも、「コントラストの強弱」が決め手になりました。

安っぽく見せないためには

デカトロン

390円リュックのコーディネート/白スニーカーで足元を明るい印象に

 390円リュックを安っぽく見せないコツは、足元にアクセントを付けること。これが最適解だと考えます。視線を足元に集めることで、リュックの安っぽさを薄める作戦です。

 今回用いたユニクロアイテムはユニクロのEZYジーンズ(2017年版)。いわゆるストレッチが効いたテーパードジーンズです。これに紺のTシャツと白いスニーカーを合わせました。

 10リットルというコンパクトリュックなので、その小さすぎるサイズ感を馴染ませるには、トップスとリュックの色を近づけることが大事。リュックの存在感を薄めました。

 同時に、上下半身の色を近づけ足元の白スニーカーを際立たせています。全身がダークトーンですが、これからの季節を考え、白スニーカーで足元を明るい印象でまとめたのです。

12

おすすめ記事