bizSPA!フレッシュ

ワークマンの競合、デカトロンが首都圏上陸!390円リュックの衝撃

 低価格な高機能カジュアルウエアを提供するワークマンプラスが、競合と位置付けるフランスのスポーツブランドをご存知でしょうか。

デカトロン

フランスからの「黒船」が関東にも上陸した

 その名は「デカトロン(Decathlon)」。ヨーロッパや中国で人気のスポーツブランドです。ワークマンが2018年12月13日に発表したプレスリリースには、デカトロンの日本進出1号店(兵庫県西宮市、阪急西宮ガーデンズ)をあからさまに意識した記述がありましたが、我々消費者としてはより一層興味を引き立てられたのではないでしょうか。

 そして、そんなスポーツ用品の黒船・デカトロンが、ついに関東上陸を果たしました(5月22日、イオン幕張に日本2号店がオープン)。

 研究開発から企画・生産まで行うスポーツジャンルの製造小売業として、低価格な高機能アイテムが並びます。スポーツ・アウトドア系のスタイリッシュなアイテムたちは、休日カジュアルとして重宝するため目が離せません。

 今回は、のべ4600人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者がデカトロンで見つけた「おすすめのアイテム3選」を、お伝えします。

3位:390円リュックの衝撃

デカトロン

QUECHUAバックパックNH100-10L

 店内をグルっと見わたしたとき、その価格にまず衝撃を受けました。容量10リットルとはいえ、390円という価格はリュックの相場観を完全に崩すものだからです。

 もちろん、牛丼一杯の値段なので、肩ひもの質感は正直なところ雑誌の付録レベル。それでも、本体は立体的な裁断によるカッティングも含め、シンプルながらカタチをこだわったデザインに値段以上の価値を感じます。

 ただし、使う人を選ぶことでしょう。というのも、容量10リットルのリュックだからこそ、POPを見るまで、大人用だと気づけないほどコンパクトです。大柄な男性にはアンバランスに見えることでしょう。

 このリュックを活かす場合、合わせるトップスは黒・紺などダークカラーをお勧めします。リュックとトップスのコントラストを弱めることで、肩ひもの印象から視線を逸らす工夫が必要だからです。

12

おすすめ記事