bizSPA!フレッシュ

在宅ワークで家事にめざめた夫、なぜか妻と関係最悪になった顛末

 コロナによって生活スタイルの変化を強いられた人は少なくないのではないでしょうか。中には知らなくて良かったことを知るはめになってしまった残念な例もあるようで……。

リモートワーク

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回話を聞いたのは電機メーカーに勤務する横澤聡太さん(仮名・30歳)。家事を手伝うようになったことがきっかけで、家庭が大変な状況になってしまったのだとか。

率先して家事を手伝うようになった

「日頃から専業主婦として家事をやってくれている妻に感謝していたので、リモートワークになって時間の調整ができるようになったのを機に、家事を分担してやるようにしたんです

 横澤さんは週に2回、夕飯と洗い物を担当することに。

「普段からやっている身からしたら大したことないのかもしれませんが、僕はどちらも苦手だったので、いつも二の足を踏んでいました。なので、このコロナの時期に、今回こそはと覚悟を決めて挑戦してみることにしました」

 特に料理が苦手だった横澤さんは、料理本を購入するなど準備をした上で臨むことに。

料理の楽しさに目覚めてきた

調理 女性

「最初のうちはかなり苦労しましたが、真剣にやってみると意外と楽しかったんです。特にセオリーを守れば、結果が返ってくるところが面白くて。

 それまでは手順なんて無視、計量すらしていませんでしたが、野菜は揃えて切ることで、火の通りが均一になったり、下味をちゃんとすることで味が格段に違ってくることを知りました」

 最初のうちは時間もかかったそうですが、次第に時短にも挑戦するようになります。

おすすめ記事