bizSPA!フレッシュ

ビデオ会議が快適になる「Webカメラ」5選。2000円で買えるモデルも

ガジェット

 外出自粛ムードが和らいでも、新しい仕事のスタイルとして定着しそうなテレワーク。自宅のビデオ会議環境も、長期的な使用を見すえた整備が必要になってくるかもしれない。

WEBカメラ

※画像はイメージです

 PCのカメラ画質に不満がある人や、Webカメラ非搭載のPCを使っているため、ビデオ会議はやむを得ずスマホから参加しているという人は、外付けタイプのWebカメラを導入してみてはいかがだろうか?

「解像度」「フレームレート」に着目

 今回はWebカメラを選ぶときのポイントと、おすすめのWebカメラを紹介しよう。

 Webカメラの購入にあたり、まず確認したいのが「ビデオ解像度」だ。これは画像の精細さを表すスペックで「フルHD(1080p)」「HD(720p)」などと表記される。

 スマホやタブレットに搭載されているカメラの解像度をいくか例に挙げると、Surface Book 3やiPad ProはフルHD、MacBook ProやDELLの「New XPS 13」はHDとなっている。

 また、映像の滑らかさを左右するのが「最大フレームレート」だ。「30fps」「60fps」などと表記され、数値が大きいほうが滑らかな映像となる。

複数人で使う場合に便利なスピーカー

webcamera_01

サンワサプライ「CMS-V47BK」(税込63800円)

 スピーカーを搭載した小さな柱のような形状のWebカメラ、サンワサプライ「CMS-V47BK」。机の上に立てて使うので、PC本体に取り付けるタイプより柔軟に設置位置を選ぶことが可能。

 カメラ画質はフルHDで、画角は105°と広め。さらに、360°集音できる全指向性マイクを搭載するので、広めの部屋で複数人が集まって使う状況にも対応できる。

 マイクのオン/オフを本体のボタンで切り替えられ、カメラ部分の角度調整も可能など細かい使い勝手も配慮されている。

おすすめ記事