bizSPA!フレッシュ

時給1万5000円も!? あなたのスキルを社外で売る“複業”の見つけ方

キャリア

 新型コロナウイルスの猛威は、経済にも及ぶ。資金繰りに窮する企業や個人事業主のみならず、会社員にも多大な影響を及ぼしそうな情勢だ。価値観や生き方すら変えかねないアフターコロナの荒波をどうかいくぐればよいのか――。各分野の賢人たちに生存戦略を聞いた。

コロナ後の勝ち組になる!

’19年4月から順次施行されている働き方改革。今年4月からは中小企業にも、時間外労働の上限規制も適用。残業が減ったことによるスキマ時間こそ、副業・複業を始めるまたとないチャンスと言えよう

収入源が1つの正社員モデルは危険

 アフターコロナでは、さまざまな業界で倒産や人員削減ラッシュが起きると見られている。「1つの企業に勤めて給与をもらう」という働き方だけで食える人は限られてくるだろう。作家の橘玲氏はこう語る。

「感染症や経済危機など“不確実性の高い時代”では、たとえ名のある大企業でもいきなり倒産することは十分ありえる話。こうした状況下では収入が固定化された正社員として働くことは、実はリスキー。もっと流動性のある働き方を取り入れるべきです」

 流動性のある働き方とは、一社にこだわらず収入を得るスタイル。その手助けとなるようなマッチングサービスが続々と登場している。スポットコンサルで知られる「ビザスク」もそのひとつ。株式会社ビザスクCEOの端羽英子氏が語る

「スポットコンサルとは各業界にいる『その道のプロ』と、その知見を求める企業をマッチングするスキルシェアサービス。新規事業や技術の活用法に悩む企業が特定の分野で経験を持つ人にヒアリングをしたいというニーズがあり、弊社はそのマッチングをしています。1時間単位のインタビューを受け、話をするだけで謝礼が支払われます」

コロナ後の勝ち組になる!

端羽英子氏

12

おすすめ記事