bizSPA!フレッシュ

しつこすぎ!「LINEで好きなアイドルを見下してくる」オタク仲間のケンカの顛末

 アイドル戦国時代とも言われる昨今、全国各地様々なアイドルが日々大きなステージを目指し、ライブ活動やファンサービスをおこなっています。今回は、そんなアイドルを追いかける男性に起きた、同じファン同士のトラブルをご紹介します。

アイドル

※イメージです(以下同じ)

同じアイドルグループのファン

 都内に住む清水彰吾さん(仮名・24歳)の趣味は、とあるアイドルグループのライブに足を運ぶこと。そのグループはメジャーデビューしていない、いわゆる「地下アイドル」で、ファンの数もまだそこまで多くないという状態でした。

「ファンの数があまり多くないので、毎回ライブで顔を合わせるメンバーが決まっているんですね。だから、自然と顔見知りになったり仲良くなったりすることがあるんです。Wくんとも、何度かライブハウスで顔を合せているうちに仲良くなりました」

 Wさんは、そのグループの中でもとくに顔がいいとされているメンバーを推しており、清水さんは歌が上手いとされているメンバーを推していました。それぞれ別のメンバーを好きな2人でしたが、何度か話すうちに歳も近く話しの合う2人はLINEを交換することになったのです。

LINEでの態度が豹変?

アイドル

 しばらくLINEをやり取りし、ライブハウスだけで会っていた頃よりもだいぶ仲良くなった2人は、互いに軽口を叩くような関係性に。しかし、その頃からLINE上でWさんの態度が豹変するようになってきたことに、清水さんは不安を覚えていました。

「ライブハウスなどで顔を合せているときはいつもどおりなんですが、LINEになると急に僕が推しているメンバーについて『ブス』とか『歌しか魅力がない』とか言って、自分の推しよりも劣っているというような言い方をしてくるようになったんです」

 自分が好きで応援している人を馬鹿にされたり見下されたりすることに、怒りや悲しみを感じない人はいません。清水さんはWさんが推しに対してひどいことを言うたびに怒りを感じ、注意を繰り返しました。しかし、Wさんはそれを聞き入れようとしなかったのです。

12

おすすめ記事