bizSPA!フレッシュ

なぜパスワードは破られるのか?天才脱獄犯が示唆する「ハッカーの心理」

システムを破るインセンティブをなくす

ブロックチェーン

 くわしい内容は類書に譲るが、ブロックチェーンにはひとつ大きな弱点がある。それは「51%攻撃」というハッキング手法に弱いことである。簡単に言えば、ブロックチェーンの参加者全体の計算力(コンピュータの質×量)の51%を占める巨大な資源を投下することで、ブロックチェーンの書き換えができるようになるのである。

 しかし、51%攻撃を仕掛ける者は、莫大な資金や資源を投下した上で、結果として資源を投下した先であるブロックチェーン自体を無価値にすることになる。

 そんなことをするくらいなら、ブロックチェーンの仕組みを守って、ブロックチェーンから報酬をもらう(マイニングという)ほうが得だ。こうしたことから、51%攻撃はそうそう起こっていない。

 人間が作った人間のためのシステムには必ず人間という脆弱性がある。だが人間が関係するからこそ、人間の行動原理を理解し、システムを破るインセンティブをなくし、むしろシステムを守るようインセンティブ設計をおこなうことで、より堅固なシステムに作り替えることもできるのである。

 吉村昭『破獄』は、ブロックチェーン時代において、そんなことを我々に再考させてくれるきっかけとなる。

<TEXT/岩尾俊兵>

明治学院大学経済学部国際経営学科専任講師・東京大学大学院情報理工学系研究科客員研究員。平成元年生まれ、陸上自衛隊少年工科学校中退、慶應義塾大学商学部卒業、東京大学大学院経済学研究科マネジメント専攻博士課程修了、東京大学初の博士(経営学)を授与される。研究活動で第36回組織学会高宮賞受賞、文学活動で第63回群像新人評論賞最終候補。(@iwaoshumpei

おすすめ記事