bizSPA!フレッシュ

彼女の母親から「危険なLINE」のお誘い。20代男子も困惑した誘惑

 恋人との結婚を考え始めると、次に意識したいのは相手の家族との関係性です。

膝枕で寝る女性

※イメージです

 相手の家族とは結婚後も関わっていくものですから、できるだけいい関係を築きたいと思うはず。今回は、そんな結婚相手の家族とのLINEで起きた事件をご紹介します。

付き合って1年になる彼女との結婚を意識

 映像関係の会社で働く、西村隼人さん(仮名・27歳)は彼女のNさん(26歳)と付き合い始めて1年。そろそろ結婚を前提とした同棲を始めようと2人で話し合い、その前にNさんのご両親へ挨拶に行きました。

「ご両親はとても快く迎え入れてくれました。家族仲もよく、ご両親ともずっとニコニコしていて、最初から最後まで和やかな雰囲気でしたね。同棲についても『2人で決めたことなら反対しない』と言ってくれてホッとしたのを覚えています」

 その日を堺に、西村さんは彼女から誘われて実家に行くことが増えていきました。食事をしたりNさんの父親と2人で飲んだりするなど、順調に関係を築いていったある日、いつものようにNさんの母親と話していると、ある提案をされたのです。

「彼女の母親から、何かあったときにすぐ連絡が取れるようLINEを交換しないかと言われました。この先何があるかわからないですし、そのほうが安心してもらえると思ったのでLINEを交換しました」

母親からのLINEが変化

恋愛 夫婦
 Nさんの母親からは同棲準備の進捗を聞かれたりNさんとの関係性などを聞かれたりなど、さまざまなLINEが送られてきました。

「はじめは『Nはちゃんと同棲の準備に協力していますか?』とか『何か手伝うことありませんか?』という感じの内容だったので、きっとNのことを心配しているんだなと思い、こまめに返信していました。」

 そんな母親からのLINEは、2人の同棲開始日が近づくにつれ徐々に変化していったのです。そしてその内容に、西村さんは違和感を覚えていました。

「LINEの回数が増えたのもそうなんですが、内容が『今度2人でお出かけしましょう』とか『Nに内緒で家にこない?』というなんとも言えない内容のものばかりで…もちろんNに相談するわけにもいかず悩んでいました」

12

おすすめ記事