bizSPA!フレッシュ

ズボンのファスナーを隠す布は「有名な妖怪」の名前!?――意外と知らない「ものの名前」

コラム

 知っているようで意外と知らない「ものの名前」。普段何気なく目にしているものでも、ずっと誤解して使っていたり、すぐに名前が浮かんでこなかったりした経験、誰でも一度はあるはず。

 どんなものにも名称があり、“なぜそう呼ばれるようになったか”というおもしろい歴史が隠れています。

 もし知っていれば、仕事相手との会話のネタになったり、上司に博識ぶりを関心されたりと役に立つこと間違いなし!

Q.ズボンの「ファスナーを覆う布」の名前は?

 形が似ていることから、ある妖怪の名前がついている。さて、なんでしょう?

ズボン

A.「天狗」

 股部の上のファスナーを覆う布地のことを「天狗」といいます。見た目が天狗の鼻のような形であることから、この名前がついたそうです。

 また、裾の折り返しのことを「鏑(かぶら)」といいます。外国人が「turn up」と呼んでいるのを、「鏑」を意味する「turnip」と聞き間違えたため、鏑という呼び方が定着したとか。

 ちなみにズボンは外来語と思われがちですが、実は日本語です。

 由来は諸説あり、フランス語で女性の下着を意味する「jupon(ジュポン)」がなまってズボンへ変化したという説や、単純に「ずぼんと入るから」という説などがあります。

 覚えておくと、飲み会のネタに盛り上がるかもしれませんよ!

<TEXT/bizSPA!取材班>

引用元:『クイズで覚えるものの名前』(北橋隆史、扶桑社文庫)より

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。