bizSPA!フレッシュ

リストラされたのは優秀なおじさん社員…。謎人事に困惑する若手社員の嘆き

キャリア

 どの会社にも、その会社独自の人事制度が存在します。人事制度により「会社員として守られているな」と思うことがある一方で、「振り回されているな」と思う人も少なくないのではないでしょうか。

ブラック企業

 今回は、会社の人事制度に対して怒っている白川大志さん(仮名・27歳)に話を聞いてきました。

仕事をしないおじさん管理職にイラつく

 白川さんは老舗の機械メーカーに勤務しています。聞けば、社内には仕事がデキない・しないおじさん社員が多数存在していると言います。

「仕事をしないのに、自分の倍近く給料をもらっているおじさん社員がたくさんいます。仕事をしないだけでもイラっとするのに、なまじ役職がついているので、仕事内容に口出しをしてダラダラと説教をしてくるんです。

 しかも、否定はするけど代案・提案はなし。『今までのやりかたと違う』と経験則だけで言ってくるので、みんな困っています。会議も多いし、長いしで体質の古さにうんざりです」

 聞けば、白川さんをはじめとする若手・中堅社員の多くが「仕事をしないおじさん管理職」に対して同じ気持ちでいたと言います。

「それで、会社の業績が悪くなった年に、若手社員がごっそり転職しました。今まで溜まっていた不満が爆発したんだと思います。それで、慌てた人事部が、若手社員を中心にヒアリングをしました。

 そしたら、『働かない・働けないおじさん社員を見ていたら、将来に不安を感じた』『不公平感を感じる。若いうちから自分の裁量で働ける職場に転職したい』という意見がたくさん出てきて、人事部が相当焦ったと聞きました。それで人事制度改革がおこなわれたんです」

人事制度改革でも居座るおじさん

上司 部下

※イメージです(以下同じ)

 若手にヒアリングをして人事制度を変えるなど、白川さんの職場はかなり環境のよい職場だと思うのですが、白川さんの不満は解消されなかったようです。人事制度改革は一体どのようなものだったのでしょうか。

「おじさん社員が大量に多部署に左遷になりました。でも、役職がついているおじさん社員はほとんど残っているんですよね。

 役職がついている人は社内の人脈や社内政治を使ってのし上がってきた人達なので、人事制度改革で簡単に飛ばしたりできなかったみたいです。役職こそついていないものの、現場でこつこつやってきたおじさん達が左遷されて、やるせない気持ちです」

 仕事がデキる管理職たちは早期退職でいなくなり、結果、働かない・働けないおじさん管理職だけ大量に残ったそうです。

12

おすすめ記事