bizSPA!フレッシュ

FacebookとLINEの認証提携は要注意「個人情報ダダ漏れ」を防ぐには

ガジェット

どんな情報を集めているのか

 Facebookが保管している情報は多岐にわたる。

 アカウントに紐付く情報は、ユーザーとして行った投稿や「いいね!」がすべてではない。位置情報の利用を許可している場合にはその情報が、アプリと連携している場合にはそのログイン履歴が、Facebookアカウントに蓄積されていく。

 また、「SNSとの連携」機能はさまざまなWebサービスに搭載されているが、これもプライバシー上の危険をはらんでいる。

 たとえば、アダルトサイトに表示される「f」や「Like!」ボタンを不用意にクリックしてしまうと、どんなアヤシイ動画を見たのかをFacebookの実名アカウントで共有することになってしまう。これは一大事だ。

Facebook誤クリック

「Like!」ボタンを誤クリックすると、閲覧したサイト情報がFacebookで友だちに公開されてしまう

誤クリックを避けても情報は筒抜け

 また、「Like!」ボタンの誤クリックをうまく避け続けたとしても、ブラウザをデフォルトの設定で使っている場合、「どんなサイトを見たか」という情報がFacebookアカウントに関連付けられている可能性が高い。

 そういった個人情報により、広告をユーザーの嗜好に最適化することで、Facebookは高い収益をあげているのだ。

 広告ブロックなどのアドオンや、ブラウザの「プライベートブラウズ」機能を使うことでこれを防げるので、覚えておきたい。これはFacebookだけでなく、Twitterやinstagramなど、他のSNSでも同様である。

Facebook誤クリック

これらのデータは「アクティビティログ」から確認・削除できる

 これまで述べてきたように、ノーガードでFacebookを使い続けることには、さまざまなプライバシー上のリスクがある。もしも「今後一切ログインするつもりがない」というくらい疎遠になっているのなら、アカウントを消去してしまうのもひとつの手だろう。

 では「Facebookアカウントがないと困る」というのは、どういう場合だろうか。

おすすめ記事