bizSPA!フレッシュ

コント師・ハナコ、一番感動したナイナイとの共演「スターのオーラを放っていた」

「キングオブコント2018」で優勝し、霜降り明星などとともに「お笑い第7世代」をけん引するトリオ、ハナコの菊田竜大さん(32)、秋山寛貴さん(28)、岡部大さん(30)。

ハナコ

 コント師のイメージが強い3人だが、今年に入って菊田さんは飄々としたキャラクターでバラエティ番組に出演、岡部さんは大食いや食リポで頭角を現し、秋山さんは同じ事務所の芸人・中村涼子さんとアート展を開くなど、それぞれの個性も光りはじめている。

 メディアでの露出も増えた今、彼らはどんな気持ちで活動しているのだろうか? 前編では、幼少期や学生時代のエピソード、トリオ結成に至った経緯などについて話を聞いた。後編では、テレビ初出演時の心境、お笑い第7世代についてなど、さらにパーソナルな部分を深掘りしていく――。

テレビ初出演時に感動した、ある芸人

――2015年9月、『ぐるぐるナインティナイン』の若手芸人登竜門コーナー「おもしろ荘」でテレビ初出演。このときはどんな心境でしたか?

菊田竜大(以下、菊田):緊張しましたね、結成して1年ぐらいだったし。今振り返っても、お笑い芸人のなかでナイナイさんとの共演が一番感動しましたね。スターのオーラを放ってましたから。

岡部大(以下、岡部):テレビのオーディションで一発目が「おもしろ荘」だったので、めちゃめちゃ震えました。手応えがどうってより、ホッとしたというか。

秋山寛貴(以下、秋山):本当にネタを無事終えたって感じでしたね。その収録には出川(哲郎)さんもいらっしゃったんですけど、めちゃめちゃ優しかったんですよ。名も知れない若手に「お疲れさま」みたいな感じで握手してくれて。

 楽屋挨拶にも行ったんですけど、ちょうど出川さんが着替えの途中で上半身裸だったんです。「タイミング間違えた」って一瞬気まずかったんですけど、パッて見たらそんな衣装着てなかったのに赤い綿がついてて(笑)。そこまでひっくるめて「出川さんに会えた!」って感動しましたね。

「打ち砕かれて火がついた」

ハナコ

菊田竜大さん

――2018年になって『キングオブコント』をはじめとする数々の賞レースで優勝されています。なにか自信になるようなきっかけがあったのでしょうか?

秋山:前年にあった『NHK新人お笑い大賞』でめちゃめちゃスベッたんですよ。『ABCお笑いグランプリ』では、霜降り明星の勢いがすごくて目の前で優勝するの見てたし。

岡部:そういう積み重ねで、1回打ち砕かれて火がついたんですよね。だから、2018年は「年明けから賞レースぜんぶ獲ってやる!」って感じで気合い入ってたと思います。

菊田:『NHK新人お笑い大賞』で負けて大阪から東京に戻ってきたときに、岡部が「来年はぜんぶ獲ろう!」って熱く語ったんですよ。だから、僕もグッときて「たしかに」とは思いました(笑)。