bizSPA!フレッシュ

空気が読めない20代男のLINEに困惑…どう返信したらいいの?

デートの帰りに「ダメ出しLINE」

 さらに話を聞いていくと「そういえばこんなこともありました」と、とっておきのエピソードを教えてくれました。

「デート自体はとても楽しめたんです。でも、帰った後にAくんから、もっと女らしい格好をしてほしかった、というダメ出しのLINEを送られたんです。もちろん、可愛いと思われたい気持ちはあるのですが、今それ言う? と思ってしまって」

LINE

 アンナさんの服装がパンツスタイルであったことが、気に入らなかったAくん。もっと女らしい格好をしてほしいという注文をデート後のLINEで送信してしまったそうです。

 男性だったら、デートをしている時に女性に色っぽさを期待してしまうことは仕方のないことなのかもしれません。しかし、言うタイミングや伝え方を工夫するべきだったでしょう。ちょっと空気が読めない性格にアンナさんはモヤモヤしっぱなしだとか。

「彼氏は欲しいけれど…」思い悩む

「Aくんは、私のことを好きと言ってくれてはいるので、付き合う付き合わないは私次第なのですが、いったいどうしたらいいんでしょうか……。このまま妥協すべきか、思い切って切り出すべきか決められません」

 主に在宅での仕事を行うこともあって、出会い自体が少ないアンナさんは、Aくんと付き合うかどうか悩んでいる様子。

「直感では合わないと感じているのですが、付き合っていくうちに、自ら気づいて直してくれるかもしれませんし、まだしばらく様子見ですね」

 もちろん、それくらい「察してほしい」と思うアンナさんの気持ちも分かりますが、気付けない鈍感な男性をイチから教育するのも骨の折れることでしょう。

 男性の側も、相手の気持ちを汲み取ったLINEができているか、改めて見直してみましょう。もしかしたら相手の気持ちを逆なでしているかもしれません。

特集・20代男子がもらった/送ったウザLINE

<TEXT/bizSPA!取材班>

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

12

おすすめ記事