bizSPA!フレッシュ

空気が読めない20代男のLINEに困惑…どう返信したらいいの?

 気軽にいつでもコミュニケーションを取ることができるのがLINEの最大のメリットです。

 しかし、文字だけのやり取りは相手の顔が見えないため、トラブルが尽きません。今回は、空気が読めない男性にモヤモヤを抱える女性のエピソードをご紹介します。

スマホ

※画像はイメージです(以下同じ)

 ライターとして働いている神田アンナさん(仮名・26歳)は、在宅での仕事が主なため、出会いの機会がほとんどなく、長らく彼氏がいませんでした。そんな状況に焦りを感じ、学生時代の友人に紹介してもらったのが2歳年下で会社員のAくんでした。

話題のツイートを送ってくる彼氏

 アンナさん曰く森山未來に似ていて、Aくんの初対面の印象は良かったそうです。久しぶりの異性ということもあり、これは付き合っちゃうのかな、と浮かれていたそうですが……。

「私ともっとLINEがしたいのかもしれませんが、ちょくちょくバズっているツイートを送ってきてくれるんですよ。ただ、何万もリツイートされているものばかりで、もう知ってるものばかりなんですよ」

LINE

※画像は一部加工(以下同じ)

 ライターとして働いているアンナさんは「私のことを気遣ってネタを提供しているつもりなのかな」と感謝する半面、本音では「もう何度も見たよ」と言いたいそう。だからといって、知らないふりや、驚いたふりをするのも罪悪感を覚えてしまうそうです。

LINEのメッセージ削除にモヤモヤ

 アンナさんは、在宅で仕事をしていることもあり、クライアントとのやり取りにLINEを使っています。そのため、パソコンにLINEアプリをインストールして、いつでも返信できる状態にしているそうです。

「でも、一日がかりの取材が入っていると、どうしてもLINEの返信が滞りがちになってしまって。そういう時に限ってAくんがLINEをくれるのですが、半日ぐらい返さないとメッセージを削除するんですよ」

 LINEはメッセージを削除したとしても「○○がメッセージの送信を取り消しました」と表示されるため、メッセージを送った事自体をなかったことにはできません。

LINE

 そのため、アンナさんは「なんで消したんだろう……」「もしかして機嫌を損ねた?」などモヤモヤした気持ちが残ってしまうそうです。

12