腹がヘコむ着こなし術。少しの工夫で見た目もスッキリ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

腹がヘコむ着こなし術。少しの工夫で見た目もスッキリ

「ぽっこりお腹だけでも何とかしたい…」

fashion

 そんな悩みを解消すべく、さまざまな腹凹ませテクニックを紹介する。

ぽっこりお腹が目立たなくなる着こなしとは?

 ダイエットが上手くいかず、思うように痩せられなかったときに、せめて見た目だけでも腹が目立たないようにしたい。そこで服の着こなし方をメンズファッションバイヤーのMB氏に聞いた。

「まずトップスですが、デブというほどではない『ぽっこりお腹』程度であれば、少しサイズを大きくすれば十分ごまかせます。ただ、体にフィットしラインが見えやすいTシャツやカットソーではなく、体形がわかりにくいオックスフォード素材などの厚手シャツを選ぶことが重要です。

 襟があると顔まわりに視線が誘導されるのでお腹まわりに目がいきづらくなるのもポイント。シャツの裾のボタンをひとつ開ければ、お腹の張りを逃がしてあげることもできます。明るい色だと凹凸の影が出やすいので、黒がベターです」

 ボトムスはどうだろうか?

「お腹まわりがきつくならないウエストゴムのイージータイプや、タックパンツですね。ただ、ウエストはゆったりでも裾は細めに。裾に向けてグッと細くなるテーパード型ならお腹は楽チンなうえ、だらしなく見えない細身が完成します」

靴や小物でも腹凹ませ効果を出すコツ

 靴や小物選びでも腹凹ませ効果を出すコツがある。

「お腹が出た人が上半身にボリュームが出るリュックを背負うと不格好に見えてしまいます。ブリーフケースやトートバッグなど下半身にボリュームが集まるバッグを選びましょう。靴は鼻先が長めのロングノーズや、プライベートならコンバースのオールスターなどを選ぶと下半身全体がスッキリ見えてお腹が目立ちづらくなりますよ!」

fashion

【Before】体形を隠そうと上下ともオーバーサイズを選んでいるが、だらしなく見える【After】大きめシャツに裾が細身のテーパードパンツを組み合わせて楽チンなのにスッキリ!

 どうしても痩せられなかったときは着こなしでカバーだ!

【MB】
ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中

― 腹は凹ませダイエット ―

おすすめ記事