bizSPA!フレッシュ

「内定辞退させない!」と採用担当から鬼LINE。就活を棒に振った学生の嘆き

コラム

 2020年卒の就職活動も終盤を迎えた。リクルートキャリアによれば、すでに91.2%の就活生が内定先を決め、超売り手市場となっている。しかし一方では、人材獲得に必死な企業による執拗な勧誘や、内定辞退をめぐる攻防もあるようで……。

新卒勧誘1

※画像はイメージです(以下、同じ)

「この会社の選考に進んだばかりに、就職活動を棒に振ってしまった気がします」

 20年卒の就活生・Sさんは、悲しそうにつぶやいた。

説明会に感化され、エントリーを決意

 Sさんがある人材会社を知ったのは2019年3月ごろ。新卒エージェントから紹介を受けたことがきっかけだった。

「もともと私は、やりたいことが見つからずに志望業界を決めかねていました。このことをエージェントの担当に相談したところ、『君だったら人材業界が向いてるかもしれない』と紹介されたのがこの会社だったんです」

 この会社は非上場だがここ数年で急成長したいわゆる“メガベンチャー”だ。

「説明会で登壇していた方は新卒採用のエースで、見るからにカリスマのような雰囲気だったんです。公演中にはキャリア紹介を交えながら『やる気次第で無限大に成長できる』『自社内起業をして30代で社長になった人もいる』といった説明を受け、僕もこの人のように活躍したいと、その場でエントリーを決めました」

リクルーターとLINEを交換。止まない着信

就活説明会1

 Sさんはグループ面接、集団面接を順調に通過。個人面接を控えて同社のリクルーター(採用活動に携わる社員)との面談を行うことになった。

「集団面接まで通過した人には、新卒採用のリクルーターが付くことになっていました。面談の時、『志望動機もしっかりしているし、うちで絶対に活躍できるよ! 一緒に頑張ろう』と励ましてくれて、とても心強かったのを覚えています。帰り際に『選考の相談に乗るから』と、その場でLINEを交換しました」

 しかしそれからというもの、リクルーターから頻繁に連絡が来るようになったそう。

「選考当初は新卒エージェントを通じてやり取りしていましたが、LINEを交換してからはリクルーターと直接やり取りするようになりました。ただ、事前に電話する日時を打ち合わせていたのですが、1~2時間遅れることはザラで、夜遅い時間に電話がかかってくるときもありました。

 いつ電話が来るか不安で、今思えば精神的に疲れがたまっていた気がします。リクルーターが風邪をひいて、有給を使っている最中に電話が来たこともありましたね」