bizSPA!フレッシュ

都内最安?八王子徒歩11分の一戸建が500万円。内見に行ったら驚いた

 カップ麺やポテチから全国の地価まで、じわじわと値上がりしている令和元年。そんななか、今も昔も確かな庶民の味方である激安商品たちを徹底調査。評価シートとともにレビューする!

八王子

八王子にある都内最安の2階建て戸建ての実態とは?

 団塊世代を親に持つアラフォー記者。「戸建ての購入は一人前の証し」と教わって育った。しかし、貯金は皆無のため、都内の激安物件を調査。すると、八王子市に「木造2階建ての戸建て」で販売価格500万円という物件を発見。

 さっそく内見に行くと、築42年なので、壁紙や階段、部屋の内装は剥がれていてボロボロ。浴槽やトイレなどの水回りも老朽化が激しい。加えて、土間がキッチンと居室を分断する造りで、往来のたびにサンダルを履く必要がある。

 当然、耐震基準などを満たしているわけはなく、業者に補強工事の費用を聞くと、「1000万円程度」とのこと。そして“借地権付き物件”のため、毎月2万円を地代として地主に納める必要があるという。

格安物件

キャラクターの絵など、壁には以前住んでいた人によるものと思われる落書きも。この白い文字は「死」か……?

 ただ、悪いことばかりではない。駅から徒歩約11分という立地は、都内の500万円以内の物件では他にない好条件。さらに土地を自分で持たないために税負担も少ない。実際、内見の予約は多いという。八王子とはいえ、駅まで徒歩圏内はやっぱり強い!?

【GOOD】駅徒歩11分なら、同価格の他物件より割安
【BAD】耐震工事に加えて、内装のリノベもほぼ必須
【評価】★★☆☆☆ 物好きなら

— 激安商品すべて試した! —

ハッシュタグ