「a big Cheese」は偉い人の意味。知らないと恥をかく英語表現6つ | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「a big Cheese」は偉い人の意味。知らないと恥をかく英語表現6つ

コラム

3)It is a piece of cake.

A. とても簡単

ビジネス

 授業で「英語の慣用句を上げてください」と言ったら、真っ先にあがる表現です。個人的には、一番有名なのではないかと思います。

 なぜ、ひとかけらのケーキが「とても簡単」という意味になるのか。もともと「cake walk」という、もっとも変な踊りをした人が勝てる競技がありました。由来は、その競技の商品がケーキだったからだそうですが、そこから「簡単に勝てる」という意味になったそうです。

 他にもeasy as pie.、あるいは昔の表現だとduck soup.というのも「とても簡単」という意味になります。

4)He is a big cheese.

A. 彼は偉い人です

「彼は大きなチーズ」ではなくて、「彼は偉い人」という意味になります。チーズが富や名声を表すところから来ていて、昔は、なんとチーズをお金の代わりとして使われていたところもあるくらいです。

 ぱっと聞くと、「彼はチーズが大好き」みたいに勝手に解釈してしまいそうですよね。

5)It is raining cats and dogs.

A. どしゃぶり

雨

 A piece of cake.の次に有名な表現かもしれません。「犬と猫が雨にいる」ではなく、「どしゃぶり」という表現になります。

 これはイヌやネコが鳴いているところを表したのでしょう。なお、犬の鳴き声は「bowwow(ワンワン)」に、猫は「miaow(ニャーニャー)」になります。

ハッシュタグ

おすすめ記事