bizSPA!フレッシュ

コンビニ会計時、iPhoneでポイント提示とコード決済を一瞬でやる裏技

ガジェット

 PayPay、LINE Pay、楽天Payなど、増え続けるキャッシュレスサービス。このお店ではLINEPayが使えるけど、このお店ではPayPayしか使えないなど、混乱することも多いでしょう。

キャッシュレス

※画像はイメージです

 しかし、この波、消費者としては乗らないと損です。今は各社がユーザー囲い込みのためのキャッシュバックキャンペーンを盛んに行なっています。複数の「○○Pay」を使いわけることで、ポイントやキャッシュバックをお得にゲットできます。

 さらに、Tポイントやdポイント、Pontaポイントなど、お店によって貯められるポイントも違うので、スマートに貯めましょう。今回は、そんなキャッシュレスサービスと、ポイントをスマートに使う方法をお話します。

ショートカット操作でできることは?

 LINE Payでも、PayPayでも、スマホのQRコード決済を使って、キャッシュレスで支払います。せっかくなので、Tポイントも、Tカードではなく、アプリを使って貯めたいところ。決済はキャッシュレスで、ポイントカードはプラスチックの分厚いカードなんて、本末転倒です。

 ただし、事前に準備しておかないと、レジ前でポイントカードアプリを探すのにモタモタ時間がかかってしまい、スマートではありません。そこで、iPhoneユーザーにぜひ使ってもらいたいのが「ショートカット」というアプリです。

ショートカット

アプリは、iOS12以降のOSのみ対応

 お店ごとの「○○Pay」+「○○ポイントアプリ」を同時に立ち上げるショートカットを作成しましょう。