bizSPA!フレッシュ

「ボトルネック」の意味、ちゃんと説明できる?――いまさら聞けない、ビジネスシーンの「カタカナ語」

コラム

A.全体の進行や効率に悪い影響を与えてしまう一部分

「bottleneck」とは、辞書を引くと……。

1.瓶の首
2.狭い通路
3.障害

 とあります(一部抜粋)。

 では、ビジネスのシーンではどのように使われるのでしょうか。ボトルネックとは障害、転じて、「全体の進行や効率に悪い影響を与えてしまう一部分」を指す言葉です。

「このプロジェクトでは予算の確保がボトルネックになる」というと、予算の確保が一番の障壁であるという意味になります。

 また、IT業界ではシステムの処理速度や通信速度の低下の原因という意味でも使われます。

 進みの悪いタスクがあった場合、何がボトルネックになっているのか特定することで、何か糸口が見えてくるかもしれません。

<TEXT/bizSPA!取材班 モデル/東山美紗(SPA!DOL)>

参考:「コトバンク

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

12