bizSPA!フレッシュ

コンサルティング業界で生き残る人と沈む人、3つの特徴

キャリア

 学生に人気の就職先、コンサルティング業界の意外と知らない事実を教えるこの連載前回の記事では、コンサルティング業界のキャリア・パスについて書きました。

コンサルティング

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回は戦略コンサルティング会社での生き抜き方(サバイバル)について、入社後の典型的な失敗例と、そのような事態を避けるための対策・心構えを紹介します。

【第5回】コンサルティング会社サバイバル

 典型的な失敗例はどのようなものでしょうか。新卒入社を例に見ていきましょう。紹介するのは、新卒入社後、最初のプロジェクトで評価が悪く負のスパイラルにはまるケースです。

 戦略コンサルタントは、大体3~4か月間のプロジェクトをこなします。しかし、評価が悪い場合、プロジェクトが終了するよりも早くプロジェクトから外されます(このことを業界内では、“リリースする”と言います)。

 早期リリースされると、気持ちの面でも印象の面でも、次のプロジェクトでよいスタートを切りづらくなり、思ったように能力を発揮できません。

 そして、早期リリースを繰り返したのち、最終的に会社をやめていきます。自分からやめなくとも、3年以内に退職・異動勧告をされます。こうした3年ごとに昇格する必要がある制度「Up or Out」については連載で何度も話したとおりです。

最初のプロジェクトで生き残るには

 それでは、最初のプロジェクトで生き残るためのポイントはなんでしょうか。

 任された仕事の納期を遵守する、先輩と同じレベルの成果物を出すなどに尽きますが、そのために特に押さえておくべきポイントは「自発的に学ぶ姿勢をもつ」、および「自分の価値を客観視する」です。

 押さえておくべきポイントの1つ目は自発的に学ぶ姿勢を持つことです

 コンサルティング会社では、研修を除いて、仕事を丁寧に教えられることは稀です。これは、仕事を丁寧に教えるインセンティブがない組織構造となっていることが背景にあります。