bizSPA!フレッシュ

車を買うなら知らなきゃ損「ASV割引」とは? 保険の業界用語

コラム

A.告知義務違反、通院歴や病歴を詐称すること

 保険に加入する際には、数年間分の健康診断の結果や、通院歴・傷病歴などを書類にして保険会社に申告する義務があります。この申告に漏れがあることを「告知義務違反=告反」といい、給付金が受け取られず、支払った保険料も戻ってきません。

 悪質と見なされた場合は、詐欺行為で保険会社に訴えられる可能性もあります。給付金を保険会社に請求する際には「病院のカルテを保険会社に開示します」という承諾書に署名しなければならないため、保険会社は些細な通院歴も見逃さず調べ上げることができます。

「大したことない病気だったし、書かなくていいか」と自己判断してはいけません。迷ったら、保険会社のカスタマーセンターなどに直接確認しましょう。

 また、ノルマを達成するために「バレなけば大丈夫ですよ」と「告反」をすすめる営業マンがいるので注意が必要です。これは「不告知教唆」という犯罪にあたり、加入者に非がなければ給付金を受けられることが多いですが、口頭でのやり取りは証明が難しくなってしまいます。契約時には細心の注意を払いましょう。

<TEXT/bizSPA!取材班 モデル/岡田ちほ(SPA!DOL)>

※参考:『図解入門業界研究 最新保険業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

おすすめ記事