bizSPA!フレッシュ

札幌アパマン爆発で注目の“消毒業務”。同業者から苦言も #全宅ツイ

ビジネス

爆発した店舗、営業再開は前途多難か

請求書

 今回の大事故、死者が出なかったのは不幸中の幸いと言えます。爆心地となった不動産店舗は営業再開できるのでしょうか。赤すぐりさんは再開の道は容易でないとしています。

「想像するだけでも下腹部がきゅーっとなりますね。 弊社の場合、過去の契約書類は全て電子化して本社のサーバーに保管しています。バックアップがあれば災害等で原本が無くなってもある程度復旧は可能かと思います。 ただ進行中の案件については恐らく紙ベースで進めているし、お客様の連絡先や交渉経緯などはぶっ飛んでますよね。」

 物件探しの本格シーズンとなるこれからの時期。内覧するお部屋の空気より、消毒業務をはじめとする過剰なオプションにモヤモヤさせられそうです。

<取材・文/栗林篤>

【赤すぐり】
錦糸町を愛する女。墨田区の地場管理会社で地主の心をグリップしてます。Bカップ愛され委員会会長。@aka_suguri

「全国宅地建物取引ツイッタラー協会(全宅ツイ)」は、数百億円の不動産を取引する不動産ファンドのAMrからルノアールにたむろする無免許ブローカーまでを会員に擁する、その保有資産、預り資産、グリップ資産の合計が2兆円を超える不動産Twitter最大の業界団体です

おすすめ記事