タワマン生活を誇張した「タワマン文学」ツイートが話題の“女性投稿者”を直撃した | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

タワマン生活を誇張した「タワマン文学」ツイートが話題の“女性投稿者”を直撃した

ビジネス

 マンション価格の高騰が止まりません。国土交通省発表の「不動産価格指数」によると、マンション価格は10年前と比べて1.5倍以上に上昇しています

国土交通省

国土交通省が発表する不動産価格指数。2010年のマンション価格を100とした場合、現在は約1.6倍に上昇している(画像は「国土交通省」資料より)

 価格高騰を受けて庶民には手が届かない、勝ち組の象徴となった「タワーマンション」ですが、Twitterではそんなタワマンでの生活を誇張したり皮肉る、「#タワマン文学」が話題を集めています

<タワマン高層階住みなのでバーミキュラのライスポットでもお米が上手に炊けない>
<タワマン高層階に住んで子どもを名門私立小学校に通わせているわたしは、文字通り雲の上から地上を見てる気分>
<タワマン高層階だと選挙カーの音は聞こえないけどジェット機の音が聞こえてくる>

 その投稿者であり、前編のインタビューで話を聞いた窓際三等兵さん@nekogal21)に続いて、後編ではキレのあるタワマンツイート(上記3つのツイート例)で人気のたわわママさん(@tawamamatower)にお話を聞きます。

全員参加・共同作業型のアカウント

たわわママさん

9月22日開始の新設アカウントでありながら、フォロワー3万人を擁する人気アカウントとなったたわわママさん

――たわわママさんの“設定”について教えてください。

たわわママ(以下、たわわ):当初のアカウント設定としては、Bioに記載したMARCH卒、都心タワマン住まい以外は特に定めていませんでした。その後、ツイートの内容に対していただく様々なツッコミを元にして、ある程度整合性が取れるように後付けで設定を増やした感じです。

 最初にきっかり設定を固めておくより、もちろんわたし主導ではありますが、みなさんと一緒に作り上げていく全員参加・共同作業型のアカウントとなっております。

タワマンマウンティングに辟易

タワーマンション

※画像はイメージです(以下同じ)

――そもそも、たわたママさんがアカウントを開設されたきっかけとは。

たわわ:ツイッターでは所得・学歴・容姿・住まい・持ち物・子どもの教育などについて常にマウンティングが行われています。その風潮に辟易していたので、自分たちのしていることに対して冷水を浴びせるつもりでアカウントを開設しました。

 どうしてもマウンティングしたいなら、誰かのために寄付した行為の有無、またはその金額でマウンティングしたら? と思っておりましたので、タワマン文学の先駆者、窓際三等兵さんを参考にアカウントのリンク先にあしなが育英会のウェブサイトを貼りました。わたしも実際に寄付してまして、微力ですが社会貢献になれたら良いなと思います。

――社会貢献を意識されているのは立派だと思います。開設当初、3万フォロワーを獲得する状況は想像してましたか?
 
たわわ:全く想定していませんでした。自分が一番驚いています。

おすすめ記事