生魚の異臭が…東京屈指の“高級住宅街”で地上げトラブル「バブル期並みの悪質さ」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

生魚の異臭が…東京屈指の“高級住宅街”で地上げトラブル「バブル期並みの悪質さ」

マネー

 壁には不気味な文字がスプレー缶で書かれ、天井から吊るされた生魚は異臭を発している。都心一等地にあるマンションが今、異常事態に陥っている。いったい何が起きているのか。

地上げ

地上げ問題渦中の4階建てマンション。築48年。7月28日に所有権が移転

決してひとごとではない!突然降りかかる恐怖

 東京屈指の高級住宅街がある港区。豪邸が立ち並ぶ華やかな街の一角に、ひときわ異質な建物があった

 その建物は4階建ての築古マンション。入り口周辺には、ゴミが散乱し、割れた窓ガラスや壊れた家電製品、ゴミ袋が積まれている。壁面には黒や赤のスプレーで「バンザイ」「持久戦」など挑発的な落書きがされ、屋上から垂れ下がったロープは先が丸まっていて首吊りを連想させる。

 さらには生魚や生肉が吊り下げられ、生卵も放置。それぞれ「干物」「卵育て中」いうと解説のような落書きも気味が悪い。暑気が残る10月初頭。辺りには大きなハエが飛び回り、腐敗臭が鼻を刺す。

「スーツを着た若い男性が4人くらいで…」

地上げ

ハエがたかり、悪臭を放つ。「干物」と落書きがあり、あくまでも干物だと主張。付近に魚のトレーが捨てられていた

 一見、ゴミ屋敷か廃墟にしか見えないが、1階にはテナントが入っており、住民の気配もうかがえる。この建物に何があったのか。調べていくと、徐々に事情が明らかになった。近隣住民はこう話す。

「9月末の夕方頃、スーツを着た若い男性が4人くらいで、ゴミを置いたり、スプレーで落書きしたりしてました。『デザイン性高いな』とか言いながら、やたら楽しそうにしていて、気味が悪かったです」(30代・男性)

ハッシュタグ

おすすめ記事