阿部寛、自身の20代を振り返っての現在地「若い子たちとしゃべるのは面白い」 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

阿部寛、自身の20代を振り返っての現在地「若い子たちとしゃべるのは面白い」

とても贅沢に作られたドラマ

阿部寛

――最後にメッセージをお願いします。

阿部:今回の『すべて忘れてしまうから』の場合は、世界にだけじゃなく、日本でもちょっと変わった作品なので、どんな反応があるのか楽しみです。1話ごと、それぞれ10人のミュージシャンがエンディング曲を担当して締めるという変わった挑戦をしているし、今回の現場は、本当に時間もお金もかかっています。セットなんて本当に素晴らしかった。特にあのバー。こんなにリアルに作っていいのかなと思うくらいでした。

――あれは完全にセットなんですか?

阿部:完全にセットです。細かいところまでちゃんと作ってありました。食事もおいしかったし、演出も照明もゆっくり時間をかけて、本当にこだわって作品を作っていると実感しました。参加できて幸せでした。とても贅沢に作られた作品だと思います。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

【公開情報】
すべて忘れてしまうから』はディズニープラス「スター」で独占配信中
(C) 2022 Disney
阿部寛さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント
〆切:2022年9月30日
①「bizSPA!」ツイッターアカウント(@bizspafresh)をフォロー
②プレゼント告知の投稿をRT→応募完了

おすすめ記事