やる気が落ちたら何をすべき?「売れているビジネス書」ベスト10 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

やる気が落ちたら何をすべき?「売れているビジネス書」ベスト10

コラム

一瞬で心をつかみ、印象を残す伝え方

できる人

『できる人は、「これ」しか言わない』(大塚寿、PHP研究所)

「伝えることは難しい」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。人前に立って話すときだけでなく、日々のコミュニケーションについて回る悩みです

 今月の第6位の本書『できる人は、「これ」しか言わない』では、「伝える力」はもちろんのこと、伝えた先に行動を起こしてもらうにはどうしたらいいか、どのような言葉で心をつかめるのか、具体例を交えながら紹介しています。

 重要な場面では「短く強い言葉」を発すること、複数の固有名詞を使うことでより相手に響かせることなど、すぐ実践できるテクニックが満載です

「気にするな」と言われても「気になる」

気にしない練習

『気にしない練習』(名取芳彦、三笠書房)

「気にする必要はない」「気にしても仕方がない」そう頭ではわかっているはずなのに、いつまでも気にしてしまうという人に手に取ってみてほしいのが第7位の『気にしない練習』です。

 著者は「気にしてしまうことは必ずしも悪いわけではない」と言います。ほかにも気にすることと気にしないことを分けること。ときには一歩ひいてみること、マイナス感情をカテゴリー分けすることなどのアドバイスが満載です

 できそうなものから取り入れていくうちに、同じ出来事であっても、受け止め方や自分のあり方を少し変えるだけで、きっと肩の力が抜けて、心がだいぶ穏やかになるのではないでしょうか。

=====

 以上、「未来屋書店×本の要約サービスflier」コラボ棚の販売数ランキングから、5冊をピックアップして紹介しました。気になる本は見つかりましたか? 読みたい本があったら、ぜひ本屋さんやflierのサイトで探してみてくださいね。

<TEXT/本の要約サービス flier(フライヤー)>

flier(フライヤー)は、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供し、良書との出合いを促進する時短読書サービスです。 通勤や休憩といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されています

やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ

やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ

アドラー心理学や脳科学に基づいた、「やる気に頼ることなく自分を動かすためのコツ」を豊富なイラストを交えながら紹介します

おすすめ記事