bizSPA!フレッシュ

「iOS12」がリリース!今すぐアップデートすべき6つの新機能

ガジェット

 Appleは日本時間9月18日、iPhone/iPad用の最新ソフトウェアシステム「iOS12」をリリースしました。

アップル

 アップデートの方法は、通知が来て入れてばそのままクリック、あるいは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でも行うことができます。

 つい先日発表された最新機種の「iPhone XS」に合わせて、前回の「iOS11.4.1」からおよそ2か月ぶりとなる今回のアップデート。「iOS12」の対応機種は、既存バージョン「iOS 11」と同様、

iPhone 5s以降
iPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降
iPod touch(第6世代)

 となっています。それでは、どこが大きく変わったのでしょうか? 気になる今回のアップデートのポイントを確認してみましょう。

1.高速化でパフォーマンスアップ

アップル

※画像は公式サイトより(以下同)

 スマホを使っていると、動作が遅くて、イライラすることありませんか? 特に旧世代のスマホだと多いですよね。

 嬉しいことにiOS12では、iPhone 5sやiPad Airといった旧モデルに至るまで、アプリの起動やカメラへのアクセス、キーボード入力などのスピードがより高速でできるようになっています。

 Appleの調査によると、カメラへのスワイプは最大70%、キーボードの表示は最大50%、重い負荷のもとでアプリケーションの起動は最大2倍速くなっているとのことです。

2.うざい通知を“目立たないよう”に

アップル

 会議中や就寝前にやたらと届いたりして、うっとおしかったアラームも管理機能が大幅に強化。

 同じアプリからの通知をひとまとめにグループ化できる機能がついたほか、アラートが鳴らない“目立たない通知”ができる機能や、さらに就寝中の通知を停止する“おやすみモード”も追加されました。

 逆に重要性の高い医療機関からの診断結果などのような通知は、おやすみモード中でも受け取れるようになりました。

3.FaceTimeが最大32人で通信可能に

アップル

 今回のアップデートでAppleがもっとも力を入れたであろう、数も質も多くの変更が加えられたのがFaceTimeです。

 グループFaceTimeの人数が最大32人まで対応するようになりました。また、発信者はタイル状に表示されるのですが、発信した人のタイルが自動で大きく、フォーカスして表示されるようになります。

 FaceTimeで友だちや家族と会話する時などには、アニ文字や、吹き出しや絵文字といったテキストエフェクト、さらには白黒や水墨画といったフィルタを使ってバリエーション豊かに表示できるようになりました。

12

ハッシュタグ