「セルフレジがわからん」悪態をつく70代男性客がダンマリした、青年の一言 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「セルフレジがわからん」悪態をつく70代男性客がダンマリした、青年の一言

コラム

 最近はスーパーやコンビニなどで当たり前のように見かけるセルフレジ。1990年代に米国で普及し、日本ではここ数年で一気に導入が進んだ印象があります。

セルフレジ

画像はイメージです(以下同じ)

 日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会の業界三団体が合同で行った『2021年スーパーマーケット年次統計調査報告書』によると、2021年夏の時点でセルフレジを導入している店舗は全体の23.5%。2019年に比べるとほぼ倍増しており、多店舗展開する大手チェーンを中心に積極的に設置しているようです。

 ただし、難なく使いこなせる若い世代にとっては便利と感じる一方、操作に不慣れな高齢者などにとっては未知の存在。ほとんどのお店では従来型のレジもあるため、年配の方はこちらを利用する傾向が強いようです。

セルフレジの前で仁王立ちする年配男性…

「自分がよく買い物するスーパーで混むのは有人レジ。そのため、並ぶのが嫌でセルフレジに来る年配のお客さんもチラホラいます。でも、数か月前のことですが、隣のレジに来た70代くらいの男性の方はかなり強烈でした(苦笑)

 そう話すのは、会社員の鎌田健人さん(仮名・28歳)。一体、何があったのでしょうか?

「その方はセルフレジの台にカゴを置き、険しい表情をしたまま腕組みをして微動だにしませんでした。使い方がわからずオロオロしている感じではなく、最初から怒っているように見えました」

見ていて気分が悪くなるような態度

セルフレジ

 この店ではセルフレジコーナー全体に1人の店員が付いており、30代くらいの女性スタッフが近寄って「どうされましたか?」と声をかけたとか。ぶっきらぼうに「使い方がわからん」と答えるその男性に、スタッフは実際に商品2点をスキャンしながら丁寧にアドバイスしますが、それでも自分からは一切やろうとしなかったそうです。

 それどころか「こんな機械置かれてもよう分からん」と大きめの声でつぶやき、「代わりにあんたがやってくれ」と店員に残りの商品もスキャンさせていたといいます。

申し訳なさそうな態度を取るならともかく、やってもらって当然っていう偉そうな態度でした。店員さんにお礼の一言もなかったし、ちょっとドン引きしたというか見ていて気分が悪くなりました」

おすすめ記事